SMK プレス防爆弁 工程簡素化し低コスト実現

2017年12月13日

SMKは、プレス工程の少ないシンプルな構造で、低コストかつ高い安定性、信頼性を実現したリチウムイオン電池向けの「プレス防爆弁」を開発し、受注活動を開始した。サンプル価格は100円/個。 新製品は、シンプルな構造(特許取得済み)にすることでプレス工程の簡素化と金型負担の低減を図り、低コスト化を実現。 バッテリーカバーに溶接して取りつける小型標準タイプと、カバーと防爆弁が一体化したカスタムタイプの2種類に対応し、バッテリーのサイズに応じた防爆弁のサイズ変更が可能。また、作動圧0.6±0.2MPaについても、ニーズに合わせて調整できる。 さらに、バッテリーのその他部品である電極やケースの製造も可能。…