主要産業メーカー 工場稼働状況、猛威振るう新型コロナ

2020年4月8日

中国再開も欧米、アジア停止 4月半ば〜月末が正念場

昨年末から世界中で猛威を振るっている新型コロナウイルス。工場やサービスサポートの稼働停止やリモートワーク推奨など製造業の日常を一変させ、市場にも暗い影を落としている。主要産業の工場稼働状況をまとめた(4月3日時点)。

自動車メーカー各社は、トヨタは国内5工場の一部ラインを停止し、北米と欧州、南米、インド、ASEANでも一時休止。日産、ホンダもほぼ同様。休止が最も長いのがスバル。群馬製作所をゴールデンウィークまで停止する。電子・電機メーカーは、中国工場は再開もASEANに生産拠点を持つソニー、ローム、ヒロセ電機、SMK、日本航空電子などが影響を受けている。機械メーカーは現時点では生産においては目立った影響は出てきていない。

地域別では、中国は感染拡大が落ち着き、2月半ばから多くの工場が再開。フル稼働に向けて進んでいる。コロナウイルスの発生源となった湖北省武漢市でも3月25日から条件付きで従業員の職場復帰が始まった。

中国以外の地域では、需要の落ち込みやロックダウンの影響を受け、まさに今工場を一時停止しているケースが多い。電子電機関連でフィリピン、マレーシアが4月中旬まで、自動車は欧米、インド、南米と世界中の工場が3月末から休止している。日本でもほぼすべての自動車メーカーが国内工場での生産をストップ。長いところでは4月末のゴールデンウィークまで休止を発表している。

納期に関して、国内生産分は原材料や資材の備蓄があり、工場も稼働していることから、大幅な納期遅れは発生していない。それでも中国からの製品出荷の一時停止や、航空機の減便といった物流要因で調達が遅れ、供給が不安定になる/なっている例も出てきている。