fpd製造装置 の検索結果

SEAJ 2019-21年度の半導体・FPD製造装置の需要予測、減速も 20・21年度で回復

日本半導体製造装置協会(SEAJ、牛田一雄会長)は、2019年度から21年度にかけての半導体・FPD製造装置の需要予測を発表した。 日本製半導体製造装置は、IoTやAI、ビッグデータ、自動運転等で半導体の需要増の大きな流れがあるなかで、19年度はメモリーメーカの投資抑制により装置需要も低迷し減速するが、20年度はメモリーメーカの投資回復を期待して10.4%増の2兆2079億円、21年度も引き続き装置需要の回復を見込んで7.4%増の2兆3712億円と予測した。 2019年度は、中国のG10・5基板LCD投資は予定通りだが、G6基板OLED投資のタイミングが需要面で谷間にあたるため、1.2%減の5…


SEAJ 2018~20年度半導体・FPD製造装置需要予測、20年度2.9兆円 過去最高へ

半導体 「ICAC5」市場が急拡大 FPD 中国の大型パネル投資好調 日本半導体製造装置協会(SEAJ)は、2018年度から20年度までの3年間の日本製半導体製造装置の需要予測を発表した。半導体製造装置・FPD製造装置ともに18年度に大きく伸びるが、19年度に反動減少となり、20年度は成長軌道に回復する見込み。 結果、半導体製造装置は20年度に2兆4407億円、FPD製造装置は4800億円と予測。20年度は両装置合計で2兆9207億円となり、過去最高が期待される。   PC・スマホ依存から脱却が進む半導体産業 半導体はこれまでPCやスマートフォンが牽引するシングルドライバーだったが、…


SEAJ 半導体・FPD製造装置需要予測 20年度3兆円超え 年6%の成長を見込む

日本半導体製造装置協会(SEAJ)は7月5日、2018年度から20年度までの半導体・FPD製造装置の需要予測を発表した。半導体とFPD製造装置を合わせた需要は特に半導体製造装置が牽引し、17年度の2兆5352億円(実績)から、18年度に2兆7943億円、19年度に2兆8699億円と拡大し、20年度には3兆179億円に達する見込み。年平均6.0%の右肩上がりで成長を続ける見通しを示した。   半導体製造装置国内市場 13年ぶりの1兆円超えも 18年以降の半導体市場は、PCやスマホ需要への依存から、動画配信の需要でデータセンター関連が急拡大。19年には5GやIoT、AI、自動運転の本格化…


SEAJ 2017-19年度需要予測 17年度は10.6%増と堅調拡大 半導体・FPD製造装置 過去最高へ

日本半導体製造装置協会(SEAJ)は、2017年度から19年度にかけての半導体・FPD製造装置の需要予測を発表した。半導体製造装置は、17年度の1兆7363億円から18年度は1兆8231億円、19年度には1兆8778億円と堅調に拡大。FPD製造装置は、17年度5300億円、18年度5400億円と伸長するが、19年度は前年度まで続いた積極投資の反動で4500億円と減速する見込みを示した。 17-19年の半導体・FPD市場見通し IMFの調査によると、17年度から19年度までの3年間の世界経済成長率は、2年連続の減速から回復して17年は3.5%増となり、18年度、19年度も成長速度を増すとしている…


日本半導体製造装置協会(SEAJ)16年度需要予測 半導体・FPD製造装置の販売高4年連続増加

日本製の半導体とFPD(フラットパネルディスプレイ)製造装置の2016年度販売高が1兆7662億円と、07年以降最高額になる。特にFPDは15年度比41.1%の大幅な増加で、中国や韓国でのLTPS(多結晶シリコン)プロセスやOLED(有機EL)向け、第6世代(G6)の投資が増加すると見ている。 日本半導体製造装置協会(SEAJ、牛田一雄会長)がまとめた16年度~18年度までの日本製半導体とFPD製造装置の需要予測によると、16年度が15年度比9.8%増の1兆7662億円と大幅に増加する。今年1月の予測からは約60億円の増加であるが、15年度の実績が予測より約700億円少なかったことから、伸び率…


半導体・FPD製造装置4年連続プラス 16年度販売高1兆7722億円 14~17年度の伸長率4.4%

日本製半導体製造装置とFPD(フラットパネル・ディスプレイ)製造装置の2016年度販売高は、前年度比5.5%増と4年連続伸長する。半導体製造装置が同6.0%増の1兆3975億円と4年連続、FPDが同20.9%増の3747億円と2年連続プラスになる。また、14年度~17年度までの年平均伸長率は4.4%となる。 日本半導体製造装置協会(SEAJ)は、17年度までの日本製半導体製造装置とFPD製造装置の需要予測をまとめた。 15年度は、半導体製造装置の成長と調整局面にあったFPD製造装置の成長で、全体で7.4%増の1兆6795億円となる見込み。 16年度は半導体製造装置が微増、FPD製造装置は引き続…


15年度の日本製半導体/FPD製造装置 需要予測上方修正

日本半導体製造装置協会(SEAJ)は、2015年度の日本製半導体・FPD製造装置の需要予測を上方修正した。今年1月の予測では、前年度比7.3%増の1兆6935億円であったが、このほど8.5ポイント、1170億円上積みし、1兆8105億円とした。半導体製造装置が922億円、FPD製造装置が248億円それぞれ増額となる。 半導体製造装置は、為替が120円の円安基調から増額になっていることに加え、IoTに絡んだスマートフォン、サーバー、SSDなどが伸長して需要を牽引している。今後は自動車や産業機器関連の需要増効果も期待している。 FPDはテレビの4K・8K市場の拡大などから台湾メーカーの投資が増えて…


半導体/FPD製造装置の販売高 15年度大幅伸長へ SEAJまとめ

日本製半導体製造装置とFPD(フラットパネル・ディスプレイ)製造装置の販売は、2015年度大幅に伸長する。半導体製造装置が14年度比5・4%増の1兆3635億円と3年連続、FPDが同15・8%増の3300億円と前年度マイナスからプラスに転じる。また、13年~16年までの年平均伸長率は2・6%となる。 日本半導体製造装置協会(SEAJ)は、16年度までの日本製半導体製造装置とFPD製造装置の需要予測をまとめた。 半導体製造装置は、ファウンドリおよび大手ロジックメーカーが底堅い投資を続け、メモリーメーカーもDRAMの微細化やNANDの高集積化などから14、15年と高額の投資を継続することから、14…


日本半導体製造装置/FPD製造装置販売 回復軌道鮮明に

日本製半導体製造装置とFPD(フラットパネル・ディスプレイ)製造装置は、2013年度から14年度にかけて大幅な回復を見せ、13年度が前年度比13・0%増の1兆3978億円、14年度が同9・5%増の1兆5312億円、15年度が同3・2%増の1兆5808億円と11年度に並ぶ。この結果、12年度~15年度までの平均伸長率は8・5%となる。 日本半導体製造装置協会(SEAJ、丸山利雄会長)は、13年度~15年度までの半導体製造装置及びFPD製造装置の日本製装置及び日本市場の需要予測を発表した。 12年度の日本製半導体製造装置とFPD製造装置販売高は前年度比22・1%減の1兆2373億円と大きく落ち込ん…


日本製半導体及ばFPD製造装置の需要予測SEAJまとめ13年度14.4%増1兆4148億円FPDは35%の大幅増加 半導体製造装置12~15年度年平均8.8%伸長

日本半導体製造装置協会(SEAJ)は、2013年度から15年度までの半導体製造装置及びFPD(フラットパネル・ディスプレイ)製造装置の日本製装置需要予測を発表した。13年度の半導体製造装置は前年度比10・2%増と2桁伸長、FPDも35・0%の大幅増となる。この結果、両方合わせた13年度の需要は14・4%増の1兆4148億円になる。半導体製造装置は、12年度が18・6%減の1兆284億円であったが、13年度は2桁増の1兆1328億円、14年度は11・6%増の1兆2648億円、15年度4・7%増の1兆3243億円と3年連続でプラス成長を予測している。12年度~15年度までの年平均伸び率は8・8%と…