SEAJ 2022ー2024年度 日本製半導体・FPD製造装置需要予測 2022年度は過去最高の4兆5133億円に 半導体需要の継続で5兆円も視野に 制御機器・盤業界にも追い風に

日本半導体製造装置協会(SEAJ)は、2022年度から2024年度にかけての日本製半導体・FPD製造装置の需要予測を発表した。ウクライナ紛争や物価・エネルギー価格の高騰、サプライチェーン混乱、部品不足等は続いているが、半導体メーカーの積極投資は継続しており、2022年度は過去最高の4兆5133億円になる見込み。2023年度以降も成長は続き、2024年度には4兆9312億円に達すると予測している。

100兆円も視野に入ってきた世界半導体市場

半導体・FPD市場は、2022年以降も高い成長率での拡大が続く見通し。FPD・半導体製造装置とその部品産業にとっては追い風だが、部品・半導体不足は続いており、先を見据えた供給力の強化が必須となる。
半導体市場の動きは、WSTS(世界半導体市場統計)の「2022年春季半導体市場予測の結果」によると、2022年の世界半導体市場は前年から16.3%増の6464億5600万ドル(約87兆9277億円)。23年も5.1%増の6796億5000万ドル(約92兆2016億円)と成長を見込み、100兆円も視野に入ってきた。
スマートフォンは総生産台数は落ち着いたが、5Gモデルの比重が急速に上昇。PCはリモート特需の反動がきているが、新CPUへの切替やDDR5/LPDDR5等の新規格への対応で仕様の高度化が進んでゆく。ハイパースケーラーを中心としたデータセンターの建設・更新需要は旺盛。CPUに加えNANDフラッシュやDRAMでも需要の多くを担うようになり、使われる半導体には処理の高速化と低発熱化・省電力化が今まで以上に求められてきている。また世界的なカーボンニュートラルの流れは電気自動車や新エネルギーへのシフトを加速させ、パワー半導体にも大きな技術革新が求められる。
さらに、メタバースなどの新しい需要は、未知数の部分も多いが、期待がかかるとしている。

世界FPD市場 有機ELへの切り替え需要での設備投資に期待

FPD市場は、パネル価格が上昇していたが、TV用は2021年夏をピーク、IT用は2021年秋をピークに下落を開始し、コロナ禍前の水準に戻ってきている。パネル各社の業績が低下傾向にあり、大規模な設備投資計画を発表しづらいタイミングとなっている。
設備投資は、全体としては横ばいから微増。2022年の中国大型LCD、G6OLED共に案件は多いが、G10.5基板クラスの投資は各社共増設レベルにとどまる。2023年以降では、ITパネル(PC・タブレット向け)がLCDからOLEDに置き換える動きが期待できる。現在G6が最大基板サイズのOLEDをG8.5~G8.7基板にステップアップさせる必要があり、新技術採用時には、歴史的に日本製装置のプレゼンスが高まる傾向にあり期待できるとしている。

日本製半導体製造装置、初の4兆円超え 成長続く

日本製半導体・FPD製造装置の販売高について、半導体製造装置の2022年度は17.0%増の4兆283億円の見込み。4兆円を超えるのは統計開始以来はじめて。1兆円を超えたのが10年前の2012年度、2兆円を突破したのは2017年度だったことから、わずか10年で4倍まで成長したことになる。2023年度も安定成長で5.0%増の4兆2297億円、2024年度も同様に5.0%増の4兆4412億円と予測している。
日本市場に限ると、2022年度は大手メモリメーカーの復調により30.0%増の1兆1834億円の予測。2023年度は10.0%増の1兆3017億円、2024年度も10.0%増の1兆4319億円と順調に伸びる見通しで、さらに上振れの可能性もあるとしている。
FPD製造装置の2022年度は、0.9%増の4850億円の見込み。2023年度は4500億円と一時的に落ち着くが、2024年度に4900億円と回復する見通しとなっている。

https://www.seaj.or.jp/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG