半導体・FPD製造装置4年連続プラス 16年度販売高1兆7722億円 14~17年度の伸長率4.4%

2016年1月20日

日本製半導体製造装置とFPD(フラットパネル・ディスプレイ)製造装置の2016年度販売高は、前年度比5.5%増と4年連続伸長する。半導体製造装置が同6.0%増の1兆3975億円と4年連続、FPDが同20.9%増の3747億円と2年連続プラスになる。また、14年度~17年度までの年平均伸長率は4.4%となる。 日本半導体製造装置協会(SEAJ)は、17年度までの日本製半導体製造装置とFPD製造装置の需要予測をまとめた。 15年度は、半導体製造装置の成長と調整局面にあったFPD製造装置の成長で、全体で7.4%増の1兆6795億円となる見込み。 16年度は半導体製造装置が微増、FPD製造装置は引き続…