SEAJ 2019-21年度の半導体・FPD製造装置の需要予測、減速も 20・21年度で回復

2019年7月17日

日本半導体製造装置協会(SEAJ、牛田一雄会長)は、2019年度から21年度にかけての半導体・FPD製造装置の需要予測を発表した。

日本製半導体製造装置は、IoTやAI、ビッグデータ、自動運転等で半導体の需要増の大きな流れがあるなかで、19年度はメモリーメーカの投資抑制により装置需要も低迷し減速するが、20年度はメモリーメーカの投資回復を期待して10.4%増の2兆2079億円、21年度も引き続き装置需要の回復を見込んで7.4%増の2兆3712億円と予測した。

2019年度は、中国のG10・5基板LCD投資は予定通りだが、G6基板OLED投資のタイミングが需要面で谷間にあたるため、1.2%減の5300億円と予測。20年度は2.0%増の5406億円。21年度は延期されていた韓国のOLED投資を見込み、3.0%増の5568億円になると見込んでいる。