防爆機器 の検索結果

防爆機器 高まる需要。熟練技術者減、設備の老朽化「予知保全」強める

危険領域拡大に対応 爆発危険領域での安全を確保する防爆関連機器の需要が増加している。こうした危険場所は増える一方で、熟練技術者の不足や設備の老朽化などから危険性が増す傾向が見られる。 こうした中で、イーサネットの技術を使った新しい防爆制御への取り組みも進んでいる。防爆対応機器も、ワイヤレス化やネットワークカメラなどの利用も増えている。日本では防爆機器の認証機関に海外からの参入が増え、新たな動きになっている。   進む「ワイヤレス化」 ネットワークカメラ利用も 石油化学や鉄鋼、食品・薬品・化粧品などの製造現場での爆発事故は依然多い。設備の老朽化に加え、設備の現状を熟知しているベテラン技…


防爆関連機器 市場堅調に推移 各種プラントにリニューアル・新規需要 国際防爆指針の検定増える 市場動向欧州防爆指令に適合したコントロールボックスも登場 本質安全防爆機器の採用拡大 製品動向IT機器分野にも

爆発危険領域での爆発事故を未然に防止する防爆関連機器の市場が堅調な推移を見せている。特に、爆発危険領域の安全確保として、石油・ガス・化学プラントをはじめ、水処理、エネルギー、半導体、食品・薬品などの爆発性の高い分野で導入が進んでいる。国内のこうした施設は老朽化しているものも多いことからリニューアル需要や新規の建設も増えている。防爆関連製品は、コントロールボックス、バリアリレー、照明、表示機器、バーコードリーダー、各種センサ、無線機器、グリップスイッチ、ケーブルグランド、カメラなど多岐に渡り、その市場規模はハードだけで80億円前後と推定されている。これにソフトウェアやエンジニアリングなども含める…


防爆機器導入加速  防爆セーフティアセッサ制度NECAが設立

防爆対策は「耐圧防爆」「内圧防爆」「安全増防爆構造」「本質安全防爆」「油入り防爆構造」などがある。 「耐圧防爆」は着火源を頑丈な箱で被い、電気火花により着火した火炎や高温ガスを箱の外に出さない方法で、内部で点火爆発しても外部に悪影響を与えない構造となっている。容器は内部の爆発圧力に耐え、周囲の爆発性ガスへの火炎逸走を防止する性能を持たなければならない。光電スイッチ、バーコードリーダー、プログラマブル表示器、電子天びんなどで採用されている。 「内圧防爆」は箱内にきれいな空気などを封入し、内部の圧力を外部より高く設定することで、外部からの危険ガス侵入を防ぐ構造。内部圧力の保持方法によって、給気口や…


防爆機器導入加速  LANで防爆ネットワークを構築

一方、防爆関連機器を必要とする危険個所は、08年3月に改正された労働安全衛生法で「爆発のある濃度に達するおそれに」という文言が追加され、危険物や可燃性物質、高圧ガスなどを取り扱う事業所は、大規模な事業所から半導体製造工場や燃料電池関連などの先端事業所、ガソリンスタンド、LNG・LPG充填所、塗装作業所、さらに有機溶剤の取扱所など小規模なものまで法改正の対象となっており、防爆関連機器を必要とする個所が拡大している。また、同法改正により、危険場所の区分が法的にも義務付けられ、既存のプラントでも法改正の影響を受けることになった。さらに、海外では以前から使用可能であった防爆構造のものも、日本で防爆検定…


防爆機器導入加速 対応製品の種類が急増海外市場も伸びる「国際防爆指針」の適用増える

防爆関連機器を必要とする危険個所は、石油製品生産工場、石油精製プラント、トンネル掘削工事現場、原油基地、LNG基地、塗装工場、火力発電所、石油・天然ガスなどの備蓄・貯蔵場所などがあり、これらのところでは可燃性ガスや引火性液体などを使用することから、爆発の要因となる電気機械器具は、法律で定められた防爆構造の機器を使用することが義務付けられている。 近年、こうした危険個所は老朽化しているものが多く、管理・保守を担当する熟練者も定年で退職するなど年々減少している。さらに、これらの管理・保守を外部に委託するケースも増加しており、設備の状況を社員が把握していないことも多く、こうしたことからトラブルや爆発…


防爆機器導入加速 特集

防爆関連機器市場は、危険領域の安全確保の観点から、石油化学プラントを中心に、食品・薬品・医薬品などの3品分野や半導体製造装置などの分野で導入が加速している。近年はプラントや施設の老朽化、さらに熟練工の減少などで爆発事故が増加しており、安全対策の高まりと爆発事故を未然に防止する観点から、防爆関連機器の市場が急速に拡大している。防爆関連製品は、バリアリレー、照明、表示機器、バーコードリーダー、各種センサ、無線機器、さらにケーブルグランドまで種類が拡大しており、こうしたFA制御機器分野での市場規模は60億円前後に達している。昨年厚生労働省が防爆構造規格に関し、IEC規格に基づく「技術的基準」を廃止し…


各社の防爆機器主力製品 ピーアンドエフProfibus-DP/PAパワーハブシステム「SK3」ソフト不要でシームレス制御

ピーアンドエフのProfibus―DP/PAパワーハブシステム「SK3」は、Profibus―DPネットワークとProfibus―PAフィールド機器を相互に接続するためのインターフェイス。ソフトウェアを用いた煩雑な設定が不要で、またネットワーク透過型であることから、Profibus―DPのコントロールシステム(ホスト)からProfibus―PAのフィールド機器を、シームレスに制御できる。 また2線式のProfibus―PAは、Profibus―DP/PAゲートウェイHD2―GTR―4PAと電源モジュールの構成で、防爆アプリケーションの構築が可能で、各PAセグメント上にフィールドバリヤを配置すれ…


各社の防爆機器主力製品 IDEC耐圧防爆構造LED照明器具「FF1A形」豊富な取付パリエーション

IDECは、省電力・省スペース化で長寿命を実現した、耐圧防爆構造LED照明器具「EF1A形」を好評発売中である。 EF1A形は、同社の防爆技術とLED技術を融合させたもので、防爆構造はExdIICT4。水素ガスやアセチレンガスを含む「ゾーン1、ゾーン2」の危険場所で使用が可能。 取り付け金具なし/固定取り付け金具付き/角度調節取り付け金具付きの3タイプを用意している。 用途や設置場所に応じた取り付けが可能。 ボディは保護構造IP67 IEC60529(点灯スイッチ付きタイプはIP65)を実現。堅牢な本体はアルミ製のアルマイト仕上げで優れた耐環境性能を実現。薬品・食品・化粧品のほか過酷な製造現場…


各社の防爆機器主力製品 旭化成E-Cソリューションズ防爆形タッチパネルEXGP-3600ゾーン1、2に対応

旭化成EICソリューションズは、電気、情報、制御専門のエンジニアリング会社として、顧客の立場に立った的確なソリューション提案で実績を挙げている。 製品としては防爆タッチパネル、防爆形パソコン、防爆形アクセスポイント/ネットワークターミナルなどをそろえている。防爆形タッチパネルEXGP―3600は、画面サイズ12・1インチで6万5536色の高精細液晶のGP3000シリーズを防爆化したことで、ゾーン1、2の耐圧防爆に対応できる。 防爆形パソコンEXPC―3170に、三菱電機のGOT1000対応HMIソフトウェア(GT SoftGOT1000)が使える「EXPC―3170GT」の販売を開始した。17…


各社の防爆機器主力製品 宮木電機製作所防爆パッキン式ケーブルグランド技術指針2008に適合

宮木電機製作所は、国際規格に整合した技術指針2008適合品の、耐圧防爆構造パッキン式ケーブルグランド、防爆一般形「SCET―16~42」=写真(上)=、防爆防水形「SCEW―16~42」=写真(下)=を好評発売中である。 さらに同社は、「危険エリアに防爆ネットワークを」をコンセプトに、各種の防爆ネットワークソリューション・機器を展開している。 防爆タイプドームWebカメラ「NWEX―CM2」は、同社従来品の約1・4倍という大きな視野角で危険エリアを広範囲に監視するとともに、高度な防爆性能を併せ持つネットワークカメラ。 0~90度のチルト機構で広範囲の監視が可能。監視性能はバン速度毎秒300度、…