新たな展開を見せる防爆機器市場 進む石油化学プラントのリニューアル 大電流対応へ新防爆技術を提案期待高まる海外のエネルギー開拓向け需要

2010年9月8日

防爆関連機器市場は、石油化学プラント・施設などを中心にリニューアルが進み、安全対策の強化へ盛り上がりを見せている。また、規制の緩和などの法改正や、新しい概念の防爆技術も提案されている。市場規模もバリアリレーや、防爆パソコン、防爆タッチパネル、防爆バーコードリーダーなど各種センサー、回転灯などの制御機器で50億円前後と推定される。ユーザーも高圧ガスを取り扱う事業所での事故件数の増加に伴い、改めて防爆関連機器に対する関心が高まっている。海外では、ロシアや中国、東南アジア地区を中心に市場が拡大している。製品展開では、海外の防爆規格や各種の防塵防爆規格に対応した製品が数多く登場しており、グローバルでの…