GMIジャパン 本質安全防爆絶縁バリヤ「D5000シリーズ」

2018年12月19日

SIL3で国内防爆取得済

GMIジャパンは、イタリアの防爆機器メーカーとして日本市場での拡販に取り組んでいる。

主な防爆機器として、広範囲の周囲温度で使用できるSIL機能対応の本質安全防爆バリヤ、防爆電源ユニットおよびSIL3対応セーフティリレー、フィールド配線異常検出機能(LFD)付きの製品群、SIL対応の一般信号変換器、および新型HARTメインテナンス・システム5700シリーズなどを販売している。

このうち、本質安全防爆絶縁バリヤ「D5000シリーズ」は、SIL機能安全(SIL3)に対応し、TIISの国内防爆検定合格品。

 

マイナス40℃~プラス70℃の広範囲の周囲温度で使用でき、絶縁バリヤのため本安接地が不要。厚さ12ミリタイプは1/2チャンネル形、厚み24ミリタイプは4と8チャンネルがあり、省スペース効果も大きい。

IEC 61508、IEC 61511準拠、機能安全レベルSIL3/SIL2対応、TUV SUD認証の取得済。

取り付けはDINレール/パワーバス/ターミナルボードの3方式に対応し、内蔵のディップスイッチで出力信号が自由に選択できる。

http://www.gmijapan.co.jp/