沖縄 の検索結果

トランスコスモス「BPOセンター 沖縄」移転拡張

トランスコスモスは、ものづくり支援を行うエンジニアリング事業に特化した「BPOセンター沖縄」を拡張し移転する。移転先は、現在使用している沖縄県うるま市IT津梁パーク内に新規で設立される企業集積施設で、2018年7月から新センターで業務を開始する。 同社のエンジニアリング事業は30年以上の実績をもち、製造業の企業向けに設計・開発から製造・アフターサービスまでを幅広く支援している。 「BPOセンター沖縄」は、エンジニアリング事業のニアショア拠点の中核を担っており、沖縄県が推進するものづくり支援事業と連携し、さらなる事業の拡大を目指す。今後は現在140人の従業員を、19年度までに600人規模に拡大す…


アズビル沖縄の拠点を那覇市に集約

アズビルは、ビルシステムカンパニー沖縄営業所とアドバンスオートメーションカンパニー沖縄オフィス、およびazbilグループで、沖縄県浦添市のアズビル金門沖縄営業所を那覇市に集約した。 また、アドバンスオートメーションカンパニー大分営業所も9月24日から移転した。 【azbilグループ沖縄地区営業拠点】 ▽住所=沖縄県那覇市久米2―18―5(900―0033) ▽電話=アズビルビルシステムカンパニー沖縄営業所098―869―3309(変更なし)。営業開始日10月1日。 アズビルアドバンスオートメーションカンパニー沖縄オフィス098―869―3312(変更なし)。営業開始日9月24日。 アズビル金門…


速報取材レポート「SEMICON Japan 2018」見どころをいち早くお届け

2018年12月12日(水)~14日(金)の3日間、東京ビッグサイトで開催中の「SEMICON Japan 2018」。 半導体製造の全工程の製造技術・装置・材料をカバーする半導体製造装置・材料の展示会です。今回は国内外800社近くが出展、70,000人もの来場者数を見込んでいます(同時開催分含む)。 本ページでは速報取材レポートをお届けします。見どころや今年のトレンドをぜひご覧ください! 速報取材レポート掲載内容 ATENジャパン株式会社 離れたオフィスからリモートコンソールを介して、半導体製造装置を 管理・制御!リモートアクセスユニット『KVM over IP CN8000A』 コネクテッ…


速報取材レポート「第21回 関西 機械要素技術展(M-Tech関西)」関西ものづくりワールド2018

2018年10月3日(水)~5日(金)の3日間、インテックス大阪で開催中の「第21回 関西 機械要素技術展(M-Tech関西)」(関西ものづくりワールド2018内)。 西日本最大級の機械部品、加工技術を集めた専門展で、モータ、ベアリング、ねじ、ばね、加工技術、表面処理、計測機、バリ取り・洗浄技術などが出展されます。今年は国内外約1,500社近くが出展、40,000人もの来場者数を見込んでいます(同時開催分含む)。 本ページでは展示会の概要と速報取材レポートをお届けします。 開催概要:第21回 関西 機械要素技術展(M-Tech関西)(関西ものづくりワールド2018内) 名称:第21回 関西 機…


工場新設・増設情報7月第2週

【日本国内】 ▼セブン-イレブン・ジャパン セブン-イレブン・沖縄は、2019年秋ごろに予定している沖縄県への初出店に伴い、取引先である武蔵野沖縄と連携のうえ、デイリー商品を製造する専用工場を沖縄県浦添市に建設する。 同グループは18年6月に沖縄県への出店を表明。24年2月までに県内に約250店の出店を予定しており、現地における工場や配送センターの設置等のインフラ整備を順次進める。 敷地面積は2万3217.71平方メートル、製造カテゴリーは米飯類、調理パン、麺類、総菜、サラダ等。竣工は19年7月の予定。 ▼ヤマトホールディングス ヤマトオートワークス(東京都中央区)は、全国トップクラスの工場数…


【日本の製造業の実態】経産省17年工業統計 労働者不足が鮮明 10年間で100万人減

稼ぐ力強化出荷額は回復傾向 日本の製造業の実態とは? 経済産業省は2017年の工業統計※を発表した。17年6月1日時点の国内製造業の事業所数は18万9799カ所、従業員数は749万人、16年の製造品出荷額等は299兆9173億円となった。従業員数、事業所数は減少傾向が続くかが、製造品等出荷額は稼ぐ力が強化され、リーマンショック後から回復傾向が見られる。   【統計速報の概況】 17年6月1日時点の国内製造業の従業者数は749万6677人。07年は851万9000人が在籍し、10年で約100万人減少し、労働者不足が進んでいる。 従業員4人以上の事業所数は18万9799事業所。こちらも1…


azbilグループ、湘南国際マラソンで環境負荷低減に貢献

アズビルは、12月3日に開催される「第12回湘南国際マラソン」に協賛し、同大会の「エコ・フレンドシップ」の推進リーダーとして環境負荷低減の推進をサポートするとともに、大会運営で発生するCO2のカーボン・オフセットを実施する。 同社は主要拠点を展開している湘南エリアへの地域貢献活動の一環として、12回連続で同大会への協賛を行っている。また、大会に関わる全ての人が「環境に対する気持ちを育てる」ことを目指した、環境活動に興味・関心を持つ大会スポンサー・団体で構成される「エコ・フレンドシップ」において、活動を始めた第2回から推進リーダーの役割を担っている。 今大会でも、同社のノウハウを活用した環境評価…


組込み総合技術展・IoT総合技術展 11月15日~17日 パシフィコ横浜 最先端ソリューション発信

組込みからエッジコンピューティングまで、IoTをさらに加速するソリューションの最新トレンドを発信する組込み総合技術展「Embedded Technology 2017」、およびIoT総合技術展「IoT Technology 2017」(主催=組込みシステム技術協会)が、11月15日~17日の3日間、パシフィコ横浜で開催される。開場時間は午前10時~午後5時(16日は午後6時まで)、入場料1000円(無料招待状持参者、Webでの来場事前登録者は無料)。会期中は408社・団体(806小間)の出展、2万7000人の来場が見込まれる。 重要テーマ特設ゾーンで展示 製造業IoT、物流IoTなど具体的なソ…


アズビル エネマネ事業者に 4年連続で採用

アズビルは、工場領域で、同社のエネルギー管理支援サービス事業者(エネマネ事業者)として活用するスキームが、「2017(平成29)年度エネルギー使用合理化等支援事業」に4年連続で採用された。 この事業は、既設の工場・事業場等における先端的な省エネルギー及び電力ピーク対策設備・システム等の導入に対し「省エネルギー効果・電力ピーク対策効果」、「費用対効果」及び「技術の先端性」等を踏まえて政策的意義の高いものと認められる事業に、省エネルギー投資促進で国庫補助金の交付が行われるもの。 今年度のエネマネ事業者として活用する事業所は、王子製鉄群馬工場、日本ポリプロ五井工場、日本軽金属清水工場、沖縄コカ・コー…


日本配電制御システム工業会(JSIA)総会 新会長に宇賀神氏 組織研究会で将来像を検討

日本配電制御システム工業会(JSIA、丹羽一郎会長)は第34回定時総会を、ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービューで6月23日開催した。 総会は、丹羽会長を議長にして、2015(平成27)年度事業報告、および決算報告、16(28)年度事業計画、および予算報告を審議し、承認した。 16年度は、産業ソーラのメンテナンス支援の事業化に向けて必要な研修のあっせんや情報に継続して取り組み、メンテナンスの作業教育の2回目を実施する。また、JSIA優良工場認定制度を、17年度から盤類の機種別規格適合制度に重点を置いた内容に移行していくための準備を進めていく。さらに、JSIAの知名度向上、組織や事業の見直…