ハイテクインター PoE延長装置、屋外設置可能で最長900mデータと電源を供給可能

MaxiiCopperVi2300Aシリーズ

ハイテクインター(東京都渋谷区)は、電源工事なしでIPカメラや無線機器を設置できるPoE延長装置「MaxiiCopperVi2300Aシリーズ」を提供している。

昨今、防犯用のIPカメラや無料のWiFiアクセスポイントの需要が増えているが、「機器を取り付けたい場所に電源がない」「機器とカメラが100m以上離れている」「屋外設置は耐久性が心配」といったユーザーの声が増えている。

そこで同社は、「屋外設置可能で最大900m離れた場所にデータと電源が供給できる」PoE延長装置「MaxiiCopperVi2300Aシリーズ」を販売することでこういった課題の解決に貢献。

同装置は、動作温度が-40~75℃と広く頑丈な作りで、北海道から沖縄まで地域を問わず屋外の過酷な環境に設置が可能。名刺入れの半分程のサイズとコンパクトなため、屋外の収容ボックスに収まることができる。また、ユーザー側での設定は不要で、LANケーブルの両端に同装置を物理的に接続するだけですぐに運用が可能。

PoEハブ、またはインジェクタから電源を受けることで、同装置とカメラに電源が供給されるため、カメラを設置したい場所にコンセント等の電源が不要。LANケーブルは規格上100mまでしかケーブル延長ができないが、同装置を使用することで600m(100Mbps)、最大900m(10Mbps)まで延長することが可能となる。最大60Wまで給電できるので、高性能なカメラにも対応する。

同シリーズは国内販売累計30,000台を突破、主に空港で約5,000台、火力発電所で約3,000台以上、東京オリンピック施設でも導入されており、アメリカ、ドイツなど世界各国にて販売されている。

 

■製品詳細:LANケーブルで最長900m/最大60W延長 MaxiiCopper Vi2300Aシリーズ

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG