azbilグループ、湘南国際マラソンで環境負荷低減に貢献

2017年11月28日

アズビルは、12月3日に開催される「第12回湘南国際マラソン」に協賛し、同大会の「エコ・フレンドシップ」の推進リーダーとして環境負荷低減の推進をサポートするとともに、大会運営で発生するCO2のカーボン・オフセットを実施する。

同社は主要拠点を展開している湘南エリアへの地域貢献活動の一環として、12回連続で同大会への協賛を行っている。また、大会に関わる全ての人が「環境に対する気持ちを育てる」ことを目指した、環境活動に興味・関心を持つ大会スポンサー・団体で構成される「エコ・フレンドシップ」において、活動を始めた第2回から推進リーダーの役割を担っている。

今大会でも、同社のノウハウを活用した環境評価により、資源分別などの「CO2削減効果を定量評価」するほか、環境負荷低減の取り組み後も「発生してしまうCO2」を算定し、保有しているクレジットによるカーボン・オフセットを実施。過去4大会同様、沖縄のリゾートホテルにおけるESCO事業の排出削減クレジットを利用する予定となっている。

なお、今大会では同グループ社員183人がランナーとして出場すると同時に、社員およびその家族など76人がボランティアとして参加。資源分別ステーションでのゴミ収集活動や、エコ・フレンドシップブースでの啓発活動、給水ステーションにおける給水活動、フェアトレードのコーヒーや地元の食材で作る豚汁などを振る舞うエコカフェの運営などを担当する。