【日本の製造業の実態】経産省17年工業統計 労働者不足が鮮明 10年間で100万人減

2018年3月7日

稼ぐ力強化出荷額は回復傾向 日本の製造業の実態とは? 経済産業省は2017年の工業統計※を発表した。17年6月1日時点の国内製造業の事業所数は18万9799カ所、従業員数は749万人、16年の製造品出荷額等は299兆9173億円となった。従業員数、事業所数は減少傾向が続くかが、製造品等出荷額は稼ぐ力が強化され、リーマンショック後から回復傾向が見られる。   【統計速報の概況】 17年6月1日時点の国内製造業の従業者数は749万6677人。07年は851万9000人が在籍し、10年で約100万人減少し、労働者不足が進んでいる。 従業員4人以上の事業所数は18万9799事業所。こちらも1…