市場調査 の検索結果

IFR「業務用サービスロボット世界市場調査」19年売上高32%増112億円、医療用中心に拡大

物流も高い需要 サービスロボットの世界市場が拡大している。国際ロボット連盟(IFR)によると、プロが使う業務用サービスロボット(プロフェッショナルサービスロボット)の19年の売上高は、世界全体で32%増加して112億ドルとなった。新型コロナウイルスのパンデミックは、消毒ロボットや、工場や倉庫での物流ロボット、宅配用ロボットへの高い需要によって市場拡大をさらに後押しするとしている。 プロが使う業務用サービスロボットの売上高では、医療用ロボットがトップ。前年比28%増の53億ドルとなり、業務用サービスロボットの総売上高の47%を占めた。2022年までに今の2倍以上となる113億ドルになる見込み。医…


富士経済 画像処理システムの世界市場調査、19年は縮小も20年以降拡大へ

■2019年見込 1兆2,836億円(2018年比5.2%減)  主要処理装置やカメラ、デバイス関連や基板実装関連の検査アプリケーションで米中貿易摩擦の影響大  エリア別には日本は微減にとどまるも中国やその他アジアで影響大 ■2022年予測 1兆5,024億円(2018年比10.9%増)  省人化を目的とした導入、本格的なデジタル化の移行、ディープラーニングの活用などで拡大   総合マーケティングビジネスの富士経済(東京都中央区)は、2019年は米中貿易摩擦の影響により縮小するものの、今後は省人化ニーズが高まり導入する業種や用途が広がり拡大が予想される画像処理システムの世界市場を調査…


富士経済「産業用ロボット世界市場調査」25年には3兆円規模へ 自動化ニーズ増 市場拡大に期待

アジアで進む協働ロボット導入 富士経済は産業用ロボットの世界市場調査をまとめた。世界の産業用ロボット市場は2025年に3兆3140億円まで達し、17年に比べて3.1倍の市場規模になると予測。協働ロボットは、中国やアジアが伸び、17年の12.1倍となる5900億円まで拡大すると見込んでいる。   ■17年の産業用ロボット世界市場 17年の産業用ロボット市場は、労働力不足や人件費高騰を背景に自動化ニーズが加速。16年比23.7%増の1兆821億円となった。 組立・搬送系ではEMSやスマートフォン、自動車関連を中心に小型ロボットが拡大。協働ロボットは自動車やエレクトロニクス関連の大手企業を…


矢野経済研究所 CAD/CAM/CAEシステム市場調査 17年度国内規模3637億円

矢野経済研究所は、機械系CAD/CAM/CAE、EDA(Electronic Design Automation)、および土木・建築系CADのシステムメーカーを対象に、国内のCAD/CAM/CAEシステム市場の調査を実施した。 日本国内の同システム市場規模(メーカー出荷金額ベース)は、2016年度は前年度比6.3%増となる3513億円。景気が緩やかな回復を続け、また、補正予算で採択された地域未来投資促進事業の影響などもあり、中小企業の製造業を中心とした設備投資が回復し、同システム市場にも好影響を与えたとしている。 17年度については、経済の好循環が進展するなかで、引き続き民需を中心とした景気回…


IDC 国内商用ロボット市場調査 21年、2兆円規模に拡大 インテリジェントがけん引

IDC Japan(東京都千代田区)は、ソリューションタイプ別の国内商用ロボティクス市場予測を発表した。同市場は産業用ロボット、サービスロボット、エンタープライズドローンの3つのタイプからなり、2016年から21年は年間平均成長率18.3%で成長し、21年には支出額2兆1236億円に拡大すると予測している。 産業用ロボットは、国内商用ロボティクス市場を牽引し、17年にはAI活用したインテリジェント化も本格化している。これにより18年以降も成長を続け、21年の支出額は1兆4850億円に成長するとしている。 サービスロボットは、17年には病院内や物流施設での無人搬送ロボットの実証実験が始まっている…


富士経済 加飾・装飾フィルム関連市場調査 自動車向け、需要拡大も

高付加・単価品も伸び顕著 富士経済(東京都中央区)は、加飾・装飾フィルム関連市場を調査し、結果を「16年加飾装飾フィルム関連市場の現状と将来展望」としてまとめた。加飾フィルムは20年に11億5610万ドルに拡大し、ウインドウフィルムも9億2400万ドルになると予測している。 加飾フィルムは単価下落が見られ、これにより用途幅の広がりが見込まれ、市場は拡大すると予想。 OMD(TOM)フィルムは日本では自動車内装向けで新たな参入メーカーが増加し、採用車種・部位も広がってるほか、今後大手メーカーの採用が増加すると予想。中国では環境対策として塗料使用規制が厳しくなるため、キーボードや家電製品向けで需要…


IDC 国内3Dプリンティング市場調査 21年まで成長率11.7%

売上高571億円到達を予測 IDC Japan(東京都千代田区)は、国内の3Dプリンティング市場について、2015年から16年の実績、17年から21年の予測をまとめた。16年の総売上高は328億円で、16年から21年の年間平均成長率(CAGR)は11.7%とし、21年には571億円に達すると予測している。 国内3Dプリンティング市場は、3Dプリンター本体、3Dプリンティングサービス、造形材料で構成される。16年の3Dプリンター本体の売上額は118億円で前年から19%のマイナスだったが、3Dプリンティングサービスは7.3%増の100億円、造形材料は30.6%増の110億円となった。本体売り上げは…


富士経済「メカトロニクスパーツ市場調査」需要増加で大幅拡大

富士経済は「2017年注目メカトロニクスパーツ市場実態総調査」をまとめた。17年は、自動車の電装化やスマートフォン向け設備の更新・拡充、有機ELの生産設備の拡充、半導体需要の増加などにより、前年比10.6%増の1兆8271億円と見込む。 18年以降は伸び幅が緩やかになるが、20年にかけて市場拡大は続く。コントローラは、PLCやプログラマブル表示器、工作機械で使われるCNC装置の需要が増え、20年の市場は16年比30.8%増と予測。モータ&アクチュエータもACサーボモータ/ドライバが好調で、17年は前年比10%以上の伸びが見込まれる。ID&センサは、各品目が堅調に伸び、20年は16年比24.7%…


矢野経済研 パワーモジュール世界市場調査 2020年は2億個突破

環境規制・省エネ追い風 矢野経済研究所(東京都中野区)の調査によると、2017年のパワーモジュール世界市場規模(メーカー出荷金額ベース)は、前年比8.5%増の40億9000万ドルになると予測される。15年後半からの需要低迷が16年前半も継続していたが、16年後半から17年にかけて回復基調に転じ、17年前半が好調であることから、通年で見るとプラス成長になる可能性が高いとみられる。 15年後半から16年前半、中国向けパワーモジュールの需要が落ち込み、とくに産業機器や白物家電向けの出荷が低迷していたが、16年後半から17年前半にかけて中国市場の需要は復調。一方で自動車向け、新エネルギー向けパワーモジ…


【2021年年頭所感】日本ロボット工業会「ロボットの社会実装を加速」小笠原浩 会長

日本ロボット工業会 小笠原浩 会長   新春を迎え、謹んで新年のお慶びを申し上げます。   本年の年明けは、例年と異なり昨年初頭より世界中に蔓延した新型コロナウイルス(COVID-19)の猛威が、第2波、第3波と更に拡大方向にある中で静かに迎えることとなりました。なかなか終息の兆しが見えない状況ではあるものの、ワクチンの実用化が進み、既にその接種も始まりつつあることから、その効果による感染拡大抑止に大いに期待を寄せるところです。   このような中ではありましたが、昨年末、惑星探査機「はやぶさ2」が6年50億キロもの旅を経て、小惑星リュウグウからの試料を収めたカプセルを見事に地球に帰還…