イートン・エレクトリック・ジャパン の検索結果

【各社トップが語る2021】イートン・エレクトリック・ジャパン「UPS需要を確実に獲得」永井信彦 ジャパン・カントリーマネージャー

イートン・エレクトリック・ジャパン 永井信彦 ジャパン・カントリーマネージャー   2020年12月期の売り上げは、前年比30%増と好調だった。UPSは外資企業のデータセンターで採用が拡大し、50%増となった。ブレーカはマーケット全体が40%ほど縮小している中で、当社は20%減で済んだ。新型コロナの影響で思うような対面営業ができなかったのが痛い。 21年は、外部要因に不安は残るが、売り上げ30%増を見込んでいる。UPSは22年まで先が見えていて、21年も受注残があり売り上げは安泰だ。日本でのデータセンター建設が継続しているが、日本は電力、治安、インフラが安定し、さらに政情不安もないこ…


イートン・エレクトリック・ジャパン 電子モータースターター「EMS2」

幅22.5㎜で省スペース イートン・エレクトリック・ジャパンは、UL/EN規格を含む全世界の規格に対応した幅広い低圧電気制御機器をそろえるグローバルカンパニー。 このほど、簡単、省スペース、マルチファンクション、セーフティの機能を兼ね備えた電子モータースターター「EMS2」をリリースした。従来のモータースターター(モーターブレーカー+電磁開閉器+電子サーマル)の全ての機能を1つの電子デバイスに統合。幅は、わずか22.5㎜で、ハードウェアコンポーネントの数を減らし、全体の幅を最大80%削減した。0.06kW~3kW(400V50Hz)のモーターを駆動するアプリケーション(スライダー、コンベア、フ…


【各社トップが語る2020】イートン・エレクトリック・ジャパン「UPS需要を確実に獲得」永井信彦 ジャパン・カントリーマネージャー

イートン・エレクトリック・ジャパン 永井信彦 ジャパン・カントリーマネージャー   2019年12月期の売り上げは前年比横ばいか若干下がりそうだ。UPS(無停電電源装置)は国内の大型データセンター向けの販売が好調であったことから、前年比20~30%増加した。データセンターでの電力の安定した供給でUPSの果たす役割が高まっており、20年も継続案件をきっちりと受注していく。 ブレーカは米中貿易摩擦の影響から工作機械の国内輸出が減少した影響が大きく、前年比マイナスになっている。その中で、海外の鉄道向けに引き合いが出てきており、今後の売り上げにつながることを期待している。 20年12月期は前…


イートン・エレクトリック・ジャパン セイフティコンタクタ「DILMS」

高い安全アプリに最適 イートン・エレクトリック・ジャパンは、幅広い用途に対応した配電制御機器をそろえている。 このほど、高い安全性が要求されるアプリケーションに適したセイフティコンタクタ「DILMS」を発表した。前面に実装された補助接点は、着脱不可の固定式とし、強制かい離機構(IEC60947-5-1、Annex L準拠)、ミラー接点(IEC60947-4-1、Annex F準拠)により、高い信頼性を確保している。 また、接点ハウジングを黄色にすることで、一目で安全回路であることを識別できるように配慮した。ON/OFF位置表示器の真上に設けられた確認小窓は、動作状態のモニタリングを可能にし、同…


【各社トップが語る2019】イートン・エレクトリック・ジャパン、大型UPS需要へ種まき

ジャパン・カントリーマネージャー 永井 信彦 2018年12月期の売り上げは前年度比約10%伸ばすことができた。製品の3本柱であるブレーカ、ヒューズ、UPS(無停電電源装置)のうち、ブレーカは約10%増加している。PV(太陽光発電)向けの需要が好調を維持している。PVは国内需要が減少傾向にあるものの、今後は海外向けの販売が中心となってくる。 UPSは小型タイプが徐々に市場で認知され30%増となっている。小型タイプのUPS市場が減少傾向にあることからシェア拡大に取り組む一方で、東京オリンピック開催も絡み、今年後半からは外資系のデータセンター建設が活発になることが見込まれている。 データセンターは…


イートン・エレクトリック・ジャパン 新ブスバーシステム「MSFS」ワンボードで簡単・便利・安全

イートン・エレクトリック・ジャパンは、お客さまのニーズに合った新しい配電制御機器をそろえている。 このほど、モータ保護ブレーカ/モータ・スタータ向けの新ブスバーシステム「MSFS(モータ・スタータ・フィーダ・システム)」を発表した。MSFSは、従来むき出しだったブスバーをメッシュ状のカバーで覆って安全性を向上して、ワンボード化することでDINレールへのワンタッチ実装を可能とした。これにより、保護等級IP20に対応、部品点数や作業工数を削減できるため、トータルコストの低減にもつながる。 また、4・5ミリのグリッド幅で機器を自由に配置でき、汎用アダプタも豊富にラインアップして高い柔軟性と拡張性を実…


【各社トップが語る2018】イートン・エレクトリック・ジャパン「ブレーカ、UPSに注力」

ジャパン・カントリーマネージャー 永井信彦 2017年12月期の売り上げは前年度比約40%伸ばすことができた。製品の3本柱であるブレーカ、ヒューズ、UPS(無停電電源装置)のうち、ブレーカが好評で15~20%増になった。工作機械や半導体製造装置などが好調な景気に加え、為替も乱高下しない安定して推移したこともあり、輸出を中心に伸長した。これまでの営業への取り組み方針が理解されたことも大きい。 また、UPS(無停電電源)も70%増と大きく伸びた。従来からの外資系データーセンターの大型UPSは当社の製品がデファクトとなって採用されていることが要因である。17年末頃からは、国内のデーターセンターからの…


イートン・エレクトリック・ジャパン 次世代の制御盤配線システム「SmartWire-DT」配線コストを大幅に削減

イートン・エレクトリック・ジャパンは、配線コストを大幅に削減し、IoT化にも対応した新しい制御盤配線システムを提供する。 次世代の制御盤配線システム「SmartWire-DT」は、PLCと制御機器との1対1配線や、PLC I/Oインタフェースを不要とし、1本のフラットケーブルで全ての制御機器をデイジーチェーン接続、直接PLCに収容することで、配線時間やコストの大幅な削減を可能にしている。配線ミスの低減にもつながり、運用後のレイアウト変更や機器拡張にも柔軟に対応できる。 また、フラットケーブルには通信ラインを収容しており、接続された機器は、自動アドレス機能で素早く認識、高度なデータ通信により、I…


イートン・エレクトリック・ジャパン ハイブリッド直流コンタクタ 「DILDC300/600」

直流1000Vで長寿命 イートン・エレクトリック・ジャパンは、幅広い用途に対応した配電制御機器をそろえている。 新製品のハイブリッド直流コンタクタ「DILDC300/600」は、消弧用接点と絶縁開放用接点を直列に接続して接点をハイブリッド化するとともに、消弧用接点にはIGBT素子を並列に接続したことで、アーク放電時間を短縮して接点の消耗を低く抑えている。これにより、メンテナンス不要で15万回以上の電気的開閉を実現し、トータルコストの低減にもつながる。 また、定格電圧が高電圧のDC1000Vまで可能で、300~600Aの電流をスイッチングでき、双方向での使用が可能なため極性反転も不要。 コイル電…


イートン・エレクトリック・ジャパン「UPS、ブレーカに期待」永井 信彦ジャパン・セールスディレクター

2016年12月期の売り上げは前年同期比10%強伸ばすことができた。製品の3本柱であるブレーカ、ヒューズ、UPS(無停電電源装置)のうち、ヒューズはPV(太陽光発電)関連市場の冷え込みの影響を受けたが、ブレーカは10%以上伸長している。また、UPSは約3倍と大きく増加した。新しいデーターセンター向けの受注が増えている。外資系のデーターセンターでの採用が決まりはじめており、17年以降も売り上げが見込める。特に、大型のUPSは当社の製品がデファクトとなっていることで今後も好調な受注が継続するものと見ている。 17年12月期の売り上げも2桁以上のアップを目指していきたい。 ブレーカの新製品としてイン…