イートン・エレクトリック・ジャパン 次世代の制御盤配線システム「SmartWire-DT」配線コストを大幅に削減

2017年11月29日

イートン・エレクトリック・ジャパンは、配線コストを大幅に削減し、IoT化にも対応した新しい制御盤配線システムを提供する。 次世代の制御盤配線システム「SmartWire-DT」は、PLCと制御機器との1対1配線や、PLC I/Oインタフェースを不要とし、1本のフラットケーブルで全ての制御機器をデイジーチェーン接続、直接PLCに収容することで、配線時間やコストの大幅な削減を可能にしている。配線ミスの低減にもつながり、運用後のレイアウト変更や機器拡張にも柔軟に対応できる。 また、フラットケーブルには通信ラインを収容しており、接続された機器は、自動アドレス機能で素早く認識、高度なデータ通信により、I…