フエニックス・コンタクト PV安全セミナー開く

2017年10月18日

フエニックス・コンタクトは10月4日、AP東京八重洲通りで「PV安全セミナー2017」を開催し、約60人が参加した。 セミナーでは「太陽光発電の安全性に関する諸問題について」と題し、産総研太陽光発電研究センターの加藤和彦上級主任研究員が講演。太陽光発電施設の事故事例を取り上げ、パターン別に強風や台風によるパネルの吹き飛び、大雪によるパネルへの積雪での倒壊、落雷による機器破壊のケースなどがあると紹介。事故火災でもパネルに日光が当たる間はずっと発電が続いて被害を増大させること、感電の恐れがあるため放水ができないことや、吹き飛ばされたパネルが敷地外で他者に損害を与えかねないといった事故の際の注意点を…