jwaa の検索結果

JWAA 講演会開く、トヨタ・廣瀬氏が再登壇 ラグビーの魅力熱弁

日本配線資材工業会(JWAA、松本年生会長)は、「JWAA講演会」を東京・中野サンプラザで7月3日開催し、約60人が参加した。 今回は「ラグビーワールドカップ2019から東京2020に向けて」と題し、トヨタ自動車スポーツ強化・地域貢献室 廣瀬佳司主幹が講演した。 廣瀬氏は、19年のラグビーワールドカップ日本開催の前年にもセミナーで講演し好評であったことから再度招いた。 学生、社会人時代を通してラグビーの第一線で活躍してきた廣瀬氏は、前回はラグビー歴史からルール、来年日本で開催されるワールドカップの見どころ、楽しみ方などを解説したが、今回は社会現象になるほど盛り上がった、日本でのラグビーワールド…


【2020年賀詞交歓会】JWAA、新イノベーションをチャンスに

日本配線資材工業会(JWAA、松本年生会長)は、「第12回定時社員総会」と「賀詞交歓会」を東京・中野サンプラザで1月16日開催した。 総会には会員85社(委任状16社を含む)が出席し、松本会長を議長にして2019年(令和元年)度事業報告と収支決算報告、20年(2年)度事業計画と収支予算などを審議し、承認した。 総会冒頭、19年5月17日に逝去した西日本部会長・亀田光郎氏(カメダデンキ)の冥福を祈って全員で黙祷した後、松本会長があいさつし「当工業会も12年目を迎えることができた。昨年は工作機械、半導体関係、ロボット等の受注が落ち込み、配線資材業界も大変厳しい年であった。AI、IoT、5G、自動運…


JWAA講演会 女性が活躍できる体制づくり、講師にmorichの森本社長

日本配線資材工業会(JWAA、松本年生会長)は、「JWAA講演会」を東京・中野サンプラザで10月29日開催し、60人が参加した。 今回は「真の働き方改革実現のために、個人と組織の意識改革」と題し、morich代表取締役の森本千賀子氏が講演した。 森本氏は、リクルート人材センターで25年間在籍後独立し、社員教育・転職支援のサポートを行う現在の会社を設立して活躍している。 講演では、女性社員の活用に向け、活躍できる社内体制づくりや、AIを活用した働き方改革の必要性、さらには社会の変化に対応できる社内環境整備の方法などについて話し、女性として自身が会社を興して来た経験から「100年人生の中で、生きざ…


【定期総会・賀詞交歓会】JWAA、会員100社目指して活動

日本配線資材工業会(JWAA、松本年生会長)は、東京・中野サンプラザで「第11回定時社員総会」と「賀詞交歓会」を1月17日開催した。 総会には会員84社(委任状含む)が出席し、松本会長を議長に2018年(平成30年)度事業報告と収支決算報告、19年(31年)度事業計画と収支予算などを承認した。 総会冒頭、会員企業の逝去者に全員で黙祷した後、松本会長があいさつし「当工業会も11年目を迎えることができた。昨年は工作機械、半導体関係、ロボット等の好況で当業界も良かったが、今年は不確実な海外経済がどのように影響してくるかわからない。東京オリンピック・パラリンピックから大阪万博と大イベントが続くが、景気…


JWAA ラグビーワールドカップへ向け、トヨタ・廣瀬氏講演

日本配線資材工業会(JWAA、松本年生会長)は、「JWAA講演会」を東京・中野サンプラザで9月12日開催し、53人が参加した。 今回は「ラグビーワールドカップ2019開催に向けて」と題し、トヨタ自動車スポーツ強化・地域貢献室廣瀬佳司主幹が講演した。 学生、社会人時代を通してラグビーの第一線で活躍してきた廣瀬氏は、ラグビーの歴史からルール、来年日本で開催されるワールドカップの見どころ、楽しみ方などを解説。特に、ラグビーワールドカップは、日本でのラグビーへの関心を高めるチャンスの場として、ぜひ成功させたいと強調した。   参加者の中にはラグビー経験者やラグビーファンも多く、講演後の質問時…


JWAA 会長交代で 事務局移転

日本配線資材工業会(JWAA、松本年生会長)は、事務局を2月20日から移転した。会長がセフティデンキ高橋信房会長からアール電子松本年生社長に交代したことに伴うもの。新住所、電話は次の通り。 ▽東京都千代田区外神田2-8-9、光村ビル(〒101-0021) ▽事務局専用携帯電話=070-5458-6223


JWAAが消費税でセミナー

日本配線資材工業会(JWAA、髙橋信房会長)は、「政府における消費税転嫁対策について」のセミナーを中野サンプラザで3日、開催した=写真。4月からの消費税引き上げを前に関心が高く、30人を超える受講者で満員となった。 髙橋会長は「消費税は今年4月1日に8%になり、来年には経済状況次第で10%への増税が予定されている。配線資材業界にとってもその影響が非常に懸念されるところである。そこで、消費増税について正しく理解をして対応するために、行政の専門家を講師にお招きした。大いに学んで欲しい」とあいさつした。 セミナーでは、公正取引委員会取引企画課課長補佐・武田雅弘氏、消費者庁表示対策課課長補佐・星知矩氏…


JWAAが環境セミナー

日本配線資材工業会(JWAA、TEL橋信房会長)は14日、東京都中野区の中野サンプラザで「中小企業対象の科学物質管理に関する基礎・実践セミナー」を開催した=写真。近年、企業の化学物質に対する情報の管理が企業経営上、不可欠になっている。そのため、JWAAでは過去4回、化学物質の取り組みについて環境セミナーを開催してきたが、今回は、産業環境管理協会JAMP/AIS作成技術委員の地頭園茂氏を講師に招き、基礎編から応用編までを行った。 営業部門、幹部社員、経営層40人が受講。化学物質管理は、業務上では日頃馴染みが薄いものの、頻繁に報道されることもあって、参加者は興味深く聴き入っていた。


JWAA定期総会と賀詞交歓会

日本配線資材工業会(JWAA、髙橋信房会長)は25日、東京・中野サンプラザで第5回定期総会と賀詞交歓会を開催。西日本地区部会設立や会員100社に向けて会員増強を推進することなどの事業計画案を承認した。発足5周年を迎え、事業活動を強化する。 髙橋会長は「業界も新分野への進出や新規事業の展開など攻めの姿勢に転じて、景気悪化の閉塞感から脱皮するときである。会員企業が競争力を高める必要がある。73社の会員企業の経営に貢献できる組織としての役割を達成したい」とし、今年度事業計画に取り組む方針を語った。 今年度事業は、西日本地区の部会を設立し、西日本地区の会員の便宜を図ると同時に工業会の活動範囲を広げる。…


JWAAが青年委員会設立事業継承へ人材育成会長に岡野氏

日本配線資材工業会(JWAA、高橋信房会長)は、第1回青年委員会を開催し役員選出、活動計画などを決定した=写真。会員会社の事業継承と工業会発展を担う人材育成が目的である。会長には岡野和宏森宮電機社長が就任した。 配線資材業界は草創期から半世紀が過ぎ2世、3世への世代交代期を迎えている。業界を取り巻く環境も主要取引先である自動車、電気・電子機器、計測機器などの製造業が海外生産シフトを進め、再生可能エネルギー分野が興るなど様変わりしつつある。 こうした産業構造の変化の中で次世代を担う人材の育成が課題になっているため、JWAAでは今年度重点事業計画の一つとして青年委員会の設置を掲げてきた。 青年委員…