JWAAこまめに消灯、室温は28℃節電対策アンケート調査実施デマンド監視装置の導入も

配線資材メーカー・商社は「照明をこまめに消灯、室温は28℃に設定しクールビズで仕事」。日本配線資材工業会(JWAA、高橋信房会長)はこのほど、節電対策アンケート調査を実施したが、工夫しながら節電に取り組む各社の様子が伺える。

会員74社に「節電対策に対するアンケート」を実施、49社から回答を得た。

節電対策の実施では、39社(回答の80%)が昨年よりも強化し、昨年と同等が10社(同20%)。節電対策をしていない会社はゼロであった。電力使用量を15%、もしくはそれ以上を目標にしている会社は23社(同47%)に達している。

具体的な対策として、43社(同88%)が使用していないエリアの照明をこまめに消している。玄関や看板、自販機などの消灯も行われている。LED照明の一部・全部採用も13社(同26%)ある。

エアコンの設定温度を決めている会社は37社(同76%)。26社が28℃に設定し、28℃以上もある。また、40社(同82%)が使用していないエリアのエアコンを停止している。エアコンを控えて扇風機を使う、遮光カーテン、すだれ、ガラス窓に断熱フィルムを貼るなどの工夫をしている。「ゴーヤの苗を南相馬市から購入し空調低減に貢献」「エアコンの吹出し口に無動力ファン設置」「使用時間の制限」などの対策も。

その他の電気製品に対しては、39社(同80%)がPCの電源を切るかスタンバイモードにしている。さらに、コピーなどの事務機、温水便座、給湯器、電気ポット、コーヒーメーカーなどの電源を切っている。

クールビズは38社(同78%)が実施しており、来客への協力も要請。服装は32社(同65%)がスーツ・ネクタイなしと回答。ただし、スーパークールビズ(ポロシャツ・アロハ・サンダル)は21社(同43%)が反対。

節電啓発については、残業規制が最も多く17社(同35%)、次いで節電会議や節電パトロール実施、夏期休暇の長期化、サマータイム実施など。

その他の節電対策として、「デマンド監視装置による電力ピークカット」「エレベータ使用停止」「緑のカーテン実施」などがある。

JWAA事務局では、アンケート調査により「会員が節電対策へ積極的に行動していることが明らかになった。節電は原発問題、エネルギー問題を考える契機にもなる」と期待している。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG