JWAAが「環境セミナー」開く

2012年7月18日

日本配線資材工業会(JWAA、高橋信房会長)は9日、東京の中野サンプラザで環境セミナーを開催した=写真。製品含有化学物質管理の情報をサプライチェーンで整備、伝達することが世界のすう勢となっており配線資材メーカー、商社も関心が高く、セミナーには58人が参加した。 配線資材は、部品などと同様に川中産業として川下産業から製品含有化学物質管理の情報の提供を求められる状況にあり、化学物質規制強化に伴い情報伝達のための管理負担が増加している。そのため、情報授受の様式を統一したJAMP様式が普及しており、JWAAでも会員を対象にセミナーを開催している。 4回目となる今回のセミナーでは、木村公明産業環境管理協…