JWAA講演会 女性が活躍できる体制づくり、講師にmorichの森本社長

日本配線資材工業会(JWAA、松本年生会長)は、「JWAA講演会」を東京・中野サンプラザで10月29日開催し、60人が参加した。

今回は「真の働き方改革実現のために、個人と組織の意識改革」と題し、morich代表取締役の森本千賀子氏が講演した。

森本氏は、リクルート人材センターで25年間在籍後独立し、社員教育・転職支援のサポートを行う現在の会社を設立して活躍している。

講演では、女性社員の活用に向け、活躍できる社内体制づくりや、AIを活用した働き方改革の必要性、さらには社会の変化に対応できる社内環境整備の方法などについて話し、女性として自身が会社を興して来た経験から「100年人生の中で、生きざまを社員や子供に見せることが重要である」と強調した。

女性視点からの内容であったこともあり、参加者には女性も目立った。

60人の参加者には女性も目立った

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG