工場新設・増設 の検索結果

工場新設・増設情報 7月第3週 村田製作所、コカ・コーラ ボトラーズ、JSR、豊田合成など

【国内】 ▶︎村田製作所 電極材料の生産能力の拡大を目的に、野洲事業所(滋賀県野洲市)の敷地内に、新生産棟を建設する。中長期的な需要増加に対応するためとしている。 建設面積は7082平方メートル、延床面積は2万3411平方メートル、竣工は2020年11月を予定。総投資額は約140億円(建物のみ)。   ▶︎コカ・コーラ ボトラーズジャパン 広島工場(広島県三原市)で6月21日に安全祈願祭を執り行い、本格的な建設に着工した。18年7月の西日本豪雨により、3つのラインを保有していた本郷工場(広島県三原市)が甚大な被害を受けたため稼働を停止。同市内への移転を決定し、今回、着工となった。新工…


工場新設・増設情報 7月第2週 浜松ホトニクス、富士フイルム、TOTOなど

▶︎浜松ホトニクス 光半導体素子、X線イメージセンサ、X線フラットパネルセンサの売上拡大に対応するため、新貝工場(浜松市南区)に新棟を建設、6月21日に地鎮祭を行った。 近年、量産性の高い樹脂モールド光半導体素子や放射線検査装置用のX線イメージセンサ、X線フラットパネルセンサの需要拡大が続いており、新棟ではこれらの生産体制の強化を行う。生産能力は、売上高換算で約250億円。 延床面積は1万5285平方メートル、建築面積は4560平方メートル(地上4階)、着工は7月、竣工は2020年8月を予定。総工費は約65億円。   ▶︎加藤製作所 さらなる事業拡大と生産および物流の効率化を図るため…


工場新設・増設情報 6月第4週 秋田エプソン、SECカーボン、日機装、出光興産など

▶︎秋田エプソン 秋田県内におけるウオッチの生産拠点を集約・効率化するため、新棟(秋田県湯沢市)の建設を開始する。 ウオッチ製造および組み立てを、県内の本社(湯沢市)と羽後事業所(雄勝郡)の2カ所で行ってきたが、分散による非効率化の解消、安定した自動機オペレーション技術と集約によるコストダウンを図るため、今後は本社内で一貫して行っていく。また、保税倉庫の確保も行い、物流の効率化も図るとしている。 延床面積は3808平方メートル(2階建て)、着工は7月上旬、竣工は2020年3月末を予定。投資額は約6億円。   ▶︎SECカーボン 生産拠点の京都工場(京都府福知山市)において、中長期的な…


工場新設・増設情報 6月第3週 マイクロンテクノロジー、トヨタ、明電舎など

▶︎マイクロンテクノロジー 広島工場(広島県東広島市)で建設を進めていた新たな生産工場が完成し、6月11日にオープニングセレモニーを行った。今回の拡張でクリーンルームの面積を増やし次世代DRAMの生産体制を整えており、広島工場のウェハ生産能力を維持したまま、今後、DRAMの量産を始めていく予定。 工場の拡張にあわせて今年度は新たに400名採用しており、さらに今後3年間で新卒採用の技術者を約500人増員する計画。   ▶︎日華化学 国内主要工場の1つである鹿島工場(茨城県神栖市)において、第2工場が竣工した。今後の市場拡大への対応と、老朽化した関東工場(千葉県旭市)を閉鎖し、生産集約を…


工場新設・増設情報 6月第1週 富士フイルム、森永製菓、オークマ、ヤマハ発動機など

▶︎富士フイルム 同社の内視鏡製品の生産拠点である富士フイルムテクノプロダクツ佐野工場内(栃木県佐野市)に新工場を建設、9月から本格稼働させる。新工場は、IoTやAI技術を活用した最新のスマート工場で、内視鏡スコープを生産。生産能力は従来の2倍になる予定。 総延床面積は1万1275平方メートル(地上2階建て)、竣工は6月末、稼働開始時期は9月を予定。総投資金額は約40億円。   ▶︎森永製菓 主力のアイスクリーム商品「チョコモナカジャンボ」などの生産体制強化のため、19年4月から建設中の高崎第3工場(群馬県高崎市)に、製造ラインの新設を発表した。アイスクリーム市場は年々拡大しており、…


工場新設・増設情報 5月第5週 キヤノン、ブリヂストン、兼松エンジ、森永乳業など

▶︎キヤノン キヤノンとキヤノンモールドは金型事業の拡大に向け、キヤノンモールドの茨城県笠間市内にある6カ所の工場を集約・刷新し、同市内の新用地に工場を建設する計画を発表した。新工場は、建物や設備を刷新し、生産能力の増強と物流効率の向上を図っていく。 敷地面積は約10万平方メートル、延床面積は約1万8000平方メートル。操業開始は2020年8月を予定。投資額は今後3年間で約100億円以上(土地・建物=キヤノン、設備=キヤノンモールド)。   ▶︎ブリヂストン 重要な生産拠点の一つである北九州工場の隣接地を、将来的にタイヤ生産などに活用することを見込み取得予定であることを発表した。北九…


工場新設・増設情報 5月第4週 ファナック、スタンレー電気、花王など

▼ファナック 従来のマシニング系ロボナノに、新たにラインアップに加える旋盤系ロボナノの生産を本格化するため、本社・山梨県忍野村地区のロボナノ工場2棟を統合し、新しいロボナノ工場を建設する。生産能力は、5台/月から始めて、将来的には10台/月に拡充予定。 延床面積は約4650平方メートル(平屋建て、一部2階建て)、完成は2019年9月、生産開始は10月を予定。投資金額は約35億円(生産設備費用は含まず)。   ▼スタンレー電気 LED製品などを製造する連結子会社のスタンレー鶴岡製作所(山形県鶴岡市)が、隣接地に新工場を建設し、生産体制の再構築を行うことを発表した。車載エクステリア用LE…


工場新設・増設情報 5月第3週 コーセー、ディスコ、昭和アルミニウム缶など

▼コーセー 山梨県南アルプス市に新たな生産拠点(仮称:南アルプス工場)を建設する。生産設備はスキンケア・ヘアケア製品を中心とし、今後の需要拡大へのスピーディーな対応が可能となる工場を目指すとしている。 敷地面積は11万1525平方メートル、投資額は150~250億円、稼働開始は2021年度を予定。   ▼ディスコ 5G導入の動きなどを背景に、IoT、自動運転、遠隔医療技術の進展など、半導体・電子部品市場の拡大を見込み生産体制を強化するため、長野事業所・茅野工場(長野県茅野市)に免震構造の新棟を建設する。シリコンウェーハ等の切断・研削・研磨を行う精密加工装置や精密加工ツールを生産する。…


工場新設・増設情報 4月第4週 豊田通商、ホンダ、オンワードなど

【国内】 ▼豊田通商 豪リチウム資源開発会社のオロコブレ社と合弁で新会社「豊通リチウム」を設立、福島県楢葉町で2019年上半期中に着工し、21年上半期中の生産開始を目指す。需要が伸びている車載二次電池用炭酸リチウムの供給だけでなく、二次電池の高容量化も見込まれることから、原料となる水酸化リチウムの生産・供給体制を構築する。 生産能力は年間1万トン、50人以上の新規雇用を予定。総事業費は90億円の見込み。   【海外】 ▼本田技研工業 中国における四輪製品生産販売合弁会社である東風本田汽車(湖北省武漢市)の第3工場が完成し、4月12日に開所式典を行った。新工場は、加速する電動化モデルの…


工場新設・増設情報 4月第3週 京セラ、第一工業製薬、アイリスなど

【国内】 ▼京セラ ロボットやAIを活用した生産設備の自動化など、自社生産設備の開発体制の強化と制作スペースの拡張を目的に、滋賀県野洲市に新工場棟(29号ビル)の建設を開始した。現在、大阪大東事業所にある生産プロセス・設備の研究開発拠点と、滋賀八日市工場の各工場・事業所向けの生産設備製作拠点を新工場に集約し、開発・製作スペースを約2倍に拡張することで、よりスピーディな開発体制を確立する。 建築面積は3849平方メートル(4階建て)、延床面積は1万3305平方メートル、投資総額は約50億円。操業は2020年4月を予定。   ▼東北エア・ウォーター 産業・医療用シリンダーガスビジネスの強…