【工場新設・増設情報】10月第2週 アイエイアイ、パナソニック、レンゴー、など

▼アイエイアイ、静岡市清水区に新本社と工場 投資金額は約250億円

アイエイアイは、静岡市清水区に新本社と工場を建設し、電動アクチュエータの生産能力を引き上げる。投資金額は250億円。完成予定は2023年9月。

https://www.iai-robot.co.jp/

▼パナソニック、ベトナムに換気扇の新工場。東南アジアの主力拠点に

パナソニックエコシステムズとパナソニックライフソリューションズベトナムは、ベトナムのビンズオン省に天井扇と換気扇の新工場が完成し、10月13日から稼働開始する。
新工場はホーチミン市の北方に位置し、敷地面積は約5万㎡の敷地に、延床面積2万4066㎡の2階建て。ベトナムとアジア、中東向けの換気扇を生産し、東南アジアにおける空気質関連機器の主力生産拠点となる。
23年度にはR&D部門を設置し、開発・製造・販売一体型の工場となる予定。

https://panasonic.jp/

▼レンゴー、ベトナムに段ボール原紙の新工場。2024年に稼働開始

レンゴーのベトナムの合弁会社ビナクラフトペーパー社は、ハノイ市の北に段ボール原紙の新工場を建設する。投資金額は約370億円で、年間37万トンの生産能力の予定。稼働開始は2024年1~3月を計画している。

芝浦機械と三井不動産、神奈川県座間市に大型物流施設を建設
芝浦機械と三井不動産は、神奈川県座間市の芝浦機械の相模工場の一部敷地に、三井不動産による大型物流施設「MFLP座間(仮称)」を建設する。着工は2022年5月、竣工は2023年9月を予定している。

https://www.rengo.co.jp/

▼三省製薬、佐賀県鳥栖市に美容成分の新工場完成

三省製薬は、佐賀県鳥栖市の佐賀工場内に、美容成分を製造する新工場が完成した。美容成分から化粧品までを佐賀工場内で一貫して生産する体制を整備し、開発から生産までのスピードアップ化を実現。
これにより美容成分のBtoB販売やOEM・ODM、オリジナルブランド品、地元の特産品を活用した製品、新ブランドなどバリエーションを増やしていく。

https://www.sansho-pharma.com/

▼関東製作所の子会社・中村精工、福岡工場を竣工

プラスチック製品メーカーの関東製作所のグループ子会社である中村精工は、9月に福岡県飯塚市に福岡工場を竣工した。約3万㎡の敷地に、2200㎡の工場を建設。800トン、850トン、450トンの大型射出成形機を導入し、大ロットの射出製品の製造が可能。エンプラ成形にも対応する。

https://kanto-seisakusyo.jp/company/

▼丸富製紙の子会社・小野製紙、トイレ紙生産の新工場が稼働。

丸富製紙の子会社となる小野製紙は、静岡県富士市の新工場が竣工した。新工場は延べ床面積4000㎡で、トイレ紙の生産を行い、最大生産能力は月2000トン。投資金額は約50億円

http://www.marutomi-seishi.co.jp/

NTTデータGSL

関連記事

お知らせ

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

ページ上部へ戻る