ロボットハンド の検索結果

妙徳 真空機器メーカーがロボットハンド投入 設計工数を大幅減

妙徳は、昭和26年創業の真空発生器「CONVUM(コンバム)」および吸着パッドの専門メーカー。吸着パッドは、ロボットなどを使用した真空吸着搬送シーンで使用され、直接最終製品に触れる重要な部品である。同社製品ラインアップには、大きさや材質の違いで、5000種類を超える吸着パッドがある。半導体製造装置から自動車部品、食品機械、包装機までありとあらゆる自動化生産設備において使用されている真空機器だが、この度、吸着パッドの部品単体ではなく、ロボットでの使用を想定し、ハンド部分との一体化を提案する「コンバム・ロボットハンド・キット」の販売を開始する。 ロボットハンド提案への背景 同社では、近年のロボット…


THKインテックス ロボットハンド「エントリーツールハンド」爪だけの交換でスピーディーに

THKインテックスが開発した「エントリーツールハンド」は、これまで同社が蓄積してきたロボットシステムインテグレーターとしての経験と実績から、使用頻度の高いハンドを標準化してパッケージ化したもの。オールインワンで導入から立ち上げまでをスピーディーに行うことができる。 大きな特徴は「ネイルチェンジャー」構造。ハンドの指先(爪)が脱着式になっていて、ワークに応じて交換できる新しい技術。従来はワークが変わるごとにハンドごと交換が必要だったが、ネイルを交換するだけで完了し、交換のスピードや手間、スペースを大きく削減できる。形状の異なる8種類の指先(爪)を1セットとして提供し、この8種類でほとんどワークの…


シナノケンシ 3本爪ロボットハンド 異形物を柔軟に掴む

シナノケンシは、 異型物を柔軟につかむことができる電動3爪ロボットハンドを開発した。 同ハンドは、ステッピングモータとサーボ制御を組み合わせて把持力と把持速度を制御。機構部分にバックラッシュの少ない特殊なカムを採用し、爪が対象物を把持する際のステッピングモータの電流と回転の変化を正確に計測する。 コントローラによって柔・硬物を判別し、最適な把持力と把持速度を調整・保持し、異型物を柔軟につかむことができる。把持できる対象物のサイズは、爪を最大に開いた場合は直径114ミリ、最も閉じた場合は直径10ミリ程度の小さなものまでつまむことができる。 またロボットハンドとモータの中央部に直径8ミリの中空構造…


THK産業機器統括本部 技術本部事業開発統括部 永塚ビジネスユニット 小澤浩司課長に聞く 「つまむ・にぎる・つかむ」を1台で実現 JAXAとの共同開発から生まれたロボットハンド

人の作業の代替として進化してきた産業用ロボット。これまではある一つの単純作業を行うものが主でしたが、これからは人と同じように複数の作業が行えるような汎用性と柔軟性が求められていきます。それを実現する鍵となるのが、手先の作業を司る「ハンド」です。世界で初めて直動を転がり化した「LMガイド」をはじめ、世界トップクラスの直動と回転の制御技術を持ち、ロボット産業を含めた機械産業の全般に貢献しているTHK(東京都品川区、寺町彰博CEO)。2016年に3本指のハンド「TRX」を開発し、各方面から高い評価を受けています。ロボット産業への取り組みとTRXについて、産業機器統括本部技術本部事業開発統括部永塚ビジ…


ビー・エル・オートテック ロボットハンド用触覚センサを販売開始

産業用ロボットの周辺装置専門メーカー、ビー・エル・オートテック(神戸市兵庫区明和通3―3―17、TEL078―682―2611、南光秀晃社長)は、ロボットハンド用の触覚センサ「MTS」の販売を開始した。 MTSは、同社と兵庫県立工業技術センターが共同開発した。弾性素材の永久磁石を内包した柔軟層と、磁気抵抗素子(GMR)とインダクタを配置した基板層から構成。柔軟層に対象物が接触した時の弾性素材の変形に基づき、変形量/接触力/すべりなど、3軸の力の計測と検出が同時に可能である。 2種類の素子の出力を用いており、すべりや振動の有無検出とともに、力も高精度に計測する。センサを押す(柔軟層の圧縮)方向だ…


シュマルツ高速搬送に最適超軽量ロボットハンド開発

FAシステム用真空吸着部品などを取り扱うシュマルツ(横浜市都筑区池辺町3595、〓045―308―9940、ゲッテゲンス・アーネ社長)は、高速搬送に最適な超軽量ロボットハンド「エンドエフェクタVEEシリーズ」=写真=を開発した。 新製品は、吸着パッドの種類・個数・配置を自在に組み合わせることができ、パウチやフォイル、段ボールなどワークの材質やサイズに合った様々なハンドの構築が可能なモジュール式ロボットハンド。ハンドの組み立てには機械による追加工が不要で、容易に組み立てることができ、立ち上げ時間及び製造コストを抑えることができる。真空エアの接続は垂直方向及び水平方向から選択できる。軽量・コンパク…


ロボットハンド分野に本格参入 IDEC最大6人力のオールインワンタイプ開発省配線化でセットアップも簡単

IDECは、工場の自動生産システムに最適な「MH1A形マルチハンドベースユニット」=写真=を開発、ロボットハンド分野に本格参入する。まず、三菱電機の産業用ロボット専用タイプと、三菱電機以外の同ロボット用のパラレルI/Oタイプを発売し、国内で年間500台の販売を目指す。 同社は、滝野事業所(兵庫県加東市)において、2000年に生産性と安全性の両立とともに、多品種変量生産に最適な「千手観音モデル」ロボット制御セル生産システムを導入。「第1回ものづくり日本大賞優秀賞」を受賞するなど高い評価を得ており、スイッチやリレーなど高品質の制御機器を累計5200万台以上生産してきた。 同事業所のロボット制御セル…


経産省 2020年度予算概算要求、産業技術関係に7799億円

Society5.0実現へ基盤整備 経産省は2020年度予算の概算要求を発表した。総額1兆4292億円のうち、産業技術関係予算には7799億円を計上。イノベーションエコシステムの構築とSociety5.0の実現、社会課題の解決に向けた技術開発に対して重点的に投資していく方針を示した。   スタートアップ支援や国際標準化、海外連携を促進 イノベーションエコシステムの構築については、①未来に向けた投資としてシーズ開拓とスタートアップ育成をはじめ、②産学や海外との連携などの柔軟なオープンイノベーションの仕組み構築、③国際標準化などイノベーションを支える基盤の整備に力を注ぐ。 ①ではシーズと…


真空機器専門メーカー シュマルツの取り組み、トレンドは小型から重量物搬送へ

パレタイジング倉庫内作業など 現場ニーズに対応 人手不足に悩む日本の製造業。その解決策としてロボット活用への関心は高く、なかでも人と同じ作業領域で働ける協働ロボットに期待する声は大きい。 真空機器と搬送機器を専門とし、協働ロボット向けのハンドやグリッパが好評なシュマルツに、協働ロボットの最新事情について話を聞いた。   協働ロボットの最新事情とこれから 製品開発力に定評 日本でも事業拡大 シュマルツは、1910年創業のドイツの真空機器の専門メーカー。グローバルで約1500人の従業員が在籍し、日本を含めて80カ国で展開している。 社内には自動車や鋼板、包装、電子半導体など業界特化型の開…


産業用ロボット・ 自動化システムの専門展「ROBOT TECHNOLOGY JAPAN」 9月2日から出展募集を開始

国内最大級の工作機械見本市メカトロテックジャパン(MECT)を主催するニュースダイジェスト社(名古屋市千種区)と愛知県機械工具商業協同組合(理事長・水谷隆彦)は、2020年7月に初開催するFA(ファクトリーオートメーション)ロボットと自動化システムの専門展「ROBOT TECHNOLOGY JAPAN(ロボットテクノロジージャパン)2020」の出展募集を、9月2日から開始する。 「ROBOT TECHNOLOGY JAPAN」は、金属部品加工や食品などの生産現場や物流拠点を対象とした、産業用ロボットと自動化システムの専門展。 生産現場で自動化や省人化を推進するための産業用ロボットやその構成機器…