Check !!

ジック 2Dロボットハンドカメラ「PLOC2D」簡単取付で高精度検出実現

SICK(ジック)の「PLOC2D」は、2次元のロボット搭載用ハンドカメラのアプリケーションに特化したビジョンセンサ。ワークの2次元形状計測を行い、予め指定したワークの特異点にロボットのTCPを誘導する。取り付けはロボットやワークに干渉しない場所であれば、専用アライメントシートを用いてどこでも簡単にできる。

 また、撮影はワーク平面と平行を担保する必要がなく、カメラを傾けて自由な位置で撮影が可能。しかも、ハンドカメラの特徴である色々な位置での撮影を想定して、複数の作業平面を登録し、切り替えて使えるようになっている。このため、ロボットを動かす、テーブルを動かすなど、ロボットピッキングの可能性を広げる。

 さらに、独自開発したC-MOSイメージングセンサーと画像解析アルゴリズムで高い位置精度を担保し、プラスマイナス0・3㎜以下高い認識繰り返し精度を実現しており、他社のカメラでは認識が難しい小さいパーツや電子部品の認識も容易に行うことが可能。

 そのほか、複数のワークを方向付け、順番付けをしてピッキング指示を行うソート機能も搭載している。

https://www.sick.com/jp/ja/system

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG