マーケティング の検索結果

高島ロボットマーケティング 気軽に使って試せる、協働ロボ「1日レンタル」

購入前トライアルや数日間の展示会など 協働ロボットのレンタル、導入支援サービスを展開する高島ロボットマーケティングは、最短1日から1日単位で協働ロボットをレンタルできるサービスを開始した。 同サービスは、レンタル可能期間を1日単位とし、最短で1日から借りることができ、必要なときに必要なだけレンタルできる。レンタル可能機種は、ユニバーサルロボットのUR3e、UR5e、UR10eと、テックマンのTM5-700、TM5-900、TM12、TM14。さらにロボットハンドやマシンビジョン、架台等も合わせて借りることができる。価格は、参考例でUR3eを5稼働日レンタルで8.5万円(税別)。 また要望に応じ…


高島ロボットマーケティング 1日~レンタルOK、協働ロボットレンタルサービス

安く、早く、手軽に借りる 深刻な人手不足と採用難に直面している地方の中小企業にとってロボットに対する期待は大きい。しかし本体が高額な上、作業できるようにシステム化するには専門技術とさらなる費用が必要となり、なかなか導入が進んでいない。一部でレンタルサービスもあるが、購入前提のテストレンタルのような意味合いが強く、レンタルDVDやレンタカーのような手軽で安い形にはほど遠い。 それに対し高島ロボットマーケティング(東京都千代田区、中才悦夫代表取締役社長)は、地方の中小企業でも、手軽に安く、条件を満たせば1日からでも協働ロボットを借りることができるレンタルサービスを開始。あるようでなかった、ロボット…


三菱電機 ビルディングソリューションサイトが「エフィー賞」受賞、BtoBにおけるデジタルマーケティングが評価

三菱電機は、国際的な広告賞「エフィー賞」で、同社が米国で展開している「ビルディングソリューションサイト」が米国地域のBtoB枠で銅賞を受賞した。 エフィー賞は、マーケティングコミュニケーション活動を広告効果の面から世界基準で評価・表彰する広告賞で、1968年に始まり、今年で通算50回目を迎えた。今回のBtoB枠での受賞は同社のみで、日本の電機メーカーがBtoB枠で受賞するのは初となる。 ビルディングソリューションサイトは、米国市場向けにビルに関連するソリューションや関連機器の情報を網羅したサイト。従来のフェイス・トゥ・フェイスの営業活動と並行して、オンライン上で情報提供を行い、潜在顧客の発掘か…


キヤノンマーケティングジャパン、ワークフローをペーパレス化「Mobile Captureソリューション」提供開始

キヤノンマーケティングジャパン(以下キヤノンMJ)は、このほど、タブレット端末のカメラを活用し、業務効率化を支援する「Mobile Capture(モバイルキャプチャー)ソリューション」を6月1日より提供開始します。 本ソリューションは日本生命保険相互会社、第一生命保険株式会社、住友生命保険相互会社など大手生命保険会社に採用され、キヤノンMJは、流通業や製造業などの各業種にも展開することで、大手企業を中心に業務プロセスの変革を支援します。 ▲「Mobile Capture(モバイルキャプチャー)ソリューション」の概要 主な特長 近年、働き方改革など企業の業務効率化が求められる中、キヤノンMJは…


キヤノンマーケティングジャパン、高機能レーザー干渉計「S100|SRW」の国内独占販売を開始

キヤノンマーケティングジャパン(以下、キヤノンMJ)は、米国アプレ社との間で、日本国内における販売契約を締結し、国内独占販売製品「S100|SRW」をはじめとするレーザー干渉計 Sシリーズの販売を5月23日より開始します。 ▲レーザー干渉計 Sシリーズ(左)と解析ソフト画面イメージ(右) 主な特長 レーザー干渉計は、光学部品や鏡面加工部品などの品質検査で使われる計測機器です。光学レンズや高精度ミラーのほか、継続して需要が伸びている半導体・液晶露光装置の製造工程や宇宙・衛星分野で用いられる光学部品の検査工程などでも使用されています。 また、防犯カメラや車載カメラの高機能化・市場活性化により、検査…


キヤノンマーケティング ものづくり補助金活用セミナー 3Dプリンター体験会も

キヤノンマーケティングは、「一歩踏み出しましょう 公的資金活用ものづくりセミナー~公的資金の概要と対策のポイント~」を開催した。2月20日大阪、22日名古屋、23日東京でそれぞれ行われた。 同セミナーは、公募がスタートする見込みの「ものづくり補助金(ものづくり・商業・サービス経営力向上支援事業)」に合わせて開催したもので、東京会場には20人が参加し、製造業における3Dプリンターの活用法と補助金の申請方法についてのレクチャーを受講した。 東京会場では、同社3Dソリューション企画課貞本幸宏氏が「生産性向上を適える3Dソリューション~3Dソリューション最新事情について~」と題し、第4次産業革命と日本…


富士通マーケティングフォーラム ICT利活用、講演や展示

富士通マーケティングは2月14日、東京都港区の明治記念館で「富士通マーケティングフォーラム2017 デジタルビジネス時代のICT利活用」を開催し、1639人が来場した。 基調講演では、元グーグル米国本社副社長でグーグル日本法人代表取締役社長も務めた村上憲郎氏が「IoT、ビッグデータ、人工知能が切り拓くICTの新地平」と題して講演した。 このほか製造業向けセッション「デジタルを活用した次世代ものづくりICTと富士通の取り組み」など10のセッションが行われた。 展示会場では、IoTやAIといったデジタルビジネスに欠かせない最新技術、クラウド・モバイルを活用した働き方改革、業種・業務ソリューションな…


富士通マーケティング 製造現場でのIoT活用事例 アイチコーポレーション「作業ナビゲーションシステム」導入事例

  IoTで製造現場の「見える化」の推進とヒューマンエラー「ゼロ」を目指して 高所作業車メーカーとして、国内トップクラスのシェアを誇る株式会社アイチコーポレーション様(埼玉県上尾市、三浦治代表取締役社長)。同社では、お客様のニーズに対応すべく「品質」「納期」「安心安全」を重視しながら、多品種少量生産への対応、作業効率向上と作業工程の平準化、ヒューマンエラー「ゼロ」を目指し、富士通グループの作業ナビゲーションシステムを導入しました。 タブレット端末を活用した作業指示のペーパーレス化や作業のリアルタイム管理を推進し、作業工程のカイゼン活動により大幅な工数削減を実現。さらに、ボルトの締まり…


キヤノンマーケティングジャパン マルチジェット3Dプリンターを発売

キヤノンマーケティングジャパンは、米国3DSYSTEMS社製のマルチジェット3Dプリンター「ProJet MJP 2500シリーズ」を6月から販売開始した。 「ProJet MJP2500シリーズ」はマルチジェットシリーズのエントリーモデルで、オフィス環境向け3Dプリンター。シンプルな操作でクリーンな後処理が可能。サポート材を手作業でなく、スチームと植物オイル二つのウォーマー装置を使用することで、サポート材を溶かして除去する。環境にやさしい専用ワックスサポート材「VIsIJet M2 SUPサポートマテリアル」は廃棄物も少なく後処理が簡単で、複雑な形状の再現や精密で繊細な造形パーツの損傷リスク…


船井総合研究所 情報化時代の2つのマーケティング・スタイル

ここ数年IoTやIndustry4.0などの用語が国内製造業の経営の現場でも聞く機会が増えました。しかし、これら用語は一部の大企業以外では、概念のような存在であり、実際の企業経営に直接関係することは多くはありません。一方で、多くの国内製造業において、ここ15年間にインターネットの存在は企業経営に劇的な変化をもたらしました。2002年のIT崩壊、08年のリーマン・ショックを経験した国内製造業の一部企業経営者は、ホームページの運用だけのインターネットを、営業の人的工数の削減、市場の最新技術ニーズの収集と習得、そして若手の即戦力を実現する人材育成にまで活用しています。 インターネットは通信ネットワー…