新素材「CFRP」使い試作品タキゲン、商品化へマーケティング開始

2013年10月30日

タキゲン製造(東京都品川区西五反田1―24―4、TEL0800―222―2004、瀧源愛子社長)は、新素材として炭素繊維強化プラスチック(CFRP)による製品づくりに取り組んでいる。ハンドル、蝶番など試作品を完成、商品化に向けてマーケティング活動を始めた。 CFRPは、軽量ながら強度、弾性率に優れる物性を持つほか、環境負荷の軽減やリサイクルが可能なことから、新素材として注目され、航空機、自動車、宇宙産業、医療機器、産業機器など様々な分野で応用が進んでいる。 同社は、産業用・工業用金物メーカーとしてIT、交通、健康、エネルギー、農業、環境関連などのハンドル、錠前、取付金具、留め具、セキュリティ関…