シミュレーションソフト の検索結果

IDEC-FS ロボットオフラインシミュレーションソフト、高専・大学へ無償提供

IDECファクトリーソリューションズ(IDEC-FS)は、産業用ロボットや協働ロボットをプログラミングできるロボットオフラインシミュレーションソフト「RoboDK」を、ロボット工学などを学ぶ高等専門学校と大学向けに30校限定で10月5日から無償提供するサービスを開始した。 RoboDKは、2015年にカナダで設立されたRoboDK社の技術を結集したシミュレーションソフトで、世界中のスタートアップ企業が開発したロボット動作ソフトウエアの中でTop5にランクインされるなど、世界的に高く評価されている。 IDECファクトリーソリューションズは、16年からRoboDKの日本における総代理店として販売を…


オムロン シミュレーションソフトウエア、実機同等の検証OK 短期で立ち上げも

オムロンは、業界初となるロボットと周辺機器の動きを連動させ、統合検証できるシミュレーションソフトウエア「Sysmac Studio 3Dシミュレーション」を4月から発売した。設備全体をデジタル上に再現し、実機と同等の精度で動作を簡単に検証することができる。 従来のシミュレーターは専用ソフトのため高価で専門知識が必要であり、さらに、設備を制御するコントローラとは別のソフトウエアを使用するため、シミュレーション結果と実機動作を一致させることが難しいという課題があった。 新シミュレーションソフトウエアは、同社の主力制御用コントローラ「NJ/NXシリーズ」のプログラミング用ソフト「Sysmac Stu…


横河電機 FA-M3シミュレーションソフトウェア「Virtual-M3」デバッグ環境構築で開発支援

横河電機は、レンジフリーコントローラ「FA-M3V」、組み込みコントローラ「e-RT3」をはじめ、制御用途に応じた機種をラインアップしている。 また、「FA-M3V」のデバッグ作業用に、シミュレーションソフトウェア「Virtual-M3(バーチャルエムスリー)」も販売している。 Virtual-M3は、「FA-M3V」のCPUモジュールの動作を再現した仮想CPUと、FA-M3VのI/Oモジュールや制御対象機器の動作を再現した仮想I/Oで構成されたデバッグ環境を構築できる。これにより、新製品開発のほか、稼働中の装置改造や不具合解析での、制御プログラムのデバッグ作業の装置停止が不要になる。 また、…


横河電機 FA-M3シミュレーションソフトウエア 「Virtual-M3」さまざまなデバッグが可能

横河電機は、レンジフリーコントローラ「FA-M3V」、組み込みコントローラ「e-RT3」をはじめ、制御用途に応じた機種をラインアップしている。 また、「FA-M3V」のデバッグ作業用に、シミュレーションソフトウエア「Virtual-M3(バーチャルエムスリー)」を開発し、5月から販売開始した。 Virtual-M3は、「FA-M3V」のCPUモジュールの動作を再現した仮想CPUと、FA-M3VのI/Oモジュールや制御対象機器の動作を再現した仮想I/Oで構成されたデバッグ環境を構築できる。これにより、新製品開発のほか、稼働中の装置改造や不具合解析での、制御プログラムのデバッグ作業の装置停止が不要…


横河電機 レンジフリーコントローラ シミュレーションソフト発売 PC上にデバッグ構築 開発効率向上を支援

横河電機は、レンジフリーコントローラ「FA-M3V(エフエーエムスリーブイ)」のデバッグ作業用に、シミュレーションソフトウエア「Virtual-M3(バーチャルエムスリー)」を開発し、5月17日から発売した。価格は、プログラム開発ツール「WideField3 R4」が15万円(バージョンアップは無償)、シミュレーションソフトウエア「Virtual-M3」が8万円、両方セットが16万円。販売目標は、2017年度海外を含め、「Virtual-M3」で100本。 Virtual-M3は、「FA-M3V」のCPUモジュールの動作を再現した仮想CPUと、FA-M3VのI/Oモジュールや制御対象機器の動作…


世界で勝てる”ものづくり”へ 「勘」より科学的戦略 シミュレーションソフトが重要に

ものづくり現場では、市場のグローバル化、熟練労働者の減少、さらに消費者やユーザー志向の激しい変化に対し、従来の「勘」「こつ」「度胸」から、事前にシミュレーションしておくことで、早い立ち上げと投資リスクの回避を図る動きが強まりつつある。ただ、シミュレーションソフトの利用も先行した費用負担を伴うことから、まだ様子見の企業も多い。日本の製造業が国際市場で戦うためには、こうした数値に基づいた科学的戦略が重要と言われているだけに、早期の取り組みが求められている。 PLM(製品ライフサイクル管理)ソフトに代表されるシミュレーションは、熟練技術者の経験を数値化したもの。 ■熟練技術者頼み 製造業の生産計画立…


不二越、小型ロボットラインナップを拡充 スカラロボット、6軸ロボットを発売

不二越は、産業用小型ロボットのラインナップを拡充し、スカラロボット「EC06」とコンパクトな6軸ロボット「MZ12H」を発売する。両製品は共通シリーズの制御装置を採用し、ロボットの組み合わせを容易にする。 スカラロボットEC06は、最大可搬6kgで、最大リーチ500mm、600mm、700mmの3機種をラインナップ。軽量、高剛性を両立し、クラストップレベルの高速・高精度動作を実現している。先端軸は中空構造になっており、ロボット本体から各種ツールまでの配線・配管の引き回しを簡略化し、周辺装置との干渉リスクを低減している。ティーチングは、ティーチングペンダントに変わってパソコンを制御装置に接続して…


コロナ禍とFAができること

世界各国でワクチン接種が本格的にスタートし、間もなく日本でも医療従事者や年配者などから接種がはじまる。感染拡大から1年超、世界が待ち望んだワクチンが完成し、ようやくコロナ禍を収束させる筋道が見えてきた。 だが喜んでばかりもいられない。ワクチンは冷凍保存が必要で搬送や保管は慎重を期さないといけない。また接種についても、どこで、誰が、どのように行うかなど、いわゆる接種の現場をどう作って運用していくかの仕組みづくりも必要だ。いま国や自治体の職員が取り組んでいるところだろうが、まさにここが正念場。ぜひ頑張ってほしい。   そんななか、スマートファクトリー構築や製造業DX推進を手掛けるFAプロ…


デジタル化やDXだけじゃない。現場に有益、FA業界の裏トレンド

ラズパイ PoE UPS 身近な課題解決に一役 2021年の製造業も引き続きデジタル化やDX(デジタルトランスフォーメーション)がトレンドとなっていくのは間違いない。ロボットやAI、IoT製品・サービスが需要の中心となり、具体的には協働ロボットやAIを使った予知保全、遠隔監視、シミュレーションソフトなどに注目が集まる。 しかしその一方で、より現場に近いところでは自動化や省力化、工数削減など身近な課題解決策が求められている。 今回はデジタル化の陰に隠れているが、現場には有益で裏トレンドになりそうな技術を紹介する。   ラズパイの産業活用 1つ目は「ラズベリーパイ(RasberryPi、…


IDECファクトリーソリューションズ「RoboDK」導入企業対象、無償でリスク評価支援

IDECファクトリーソリューションズは、ロボットオフラインシミュレーションソフト「RoboDK」を導入した企業に対し、10月からリスクアセスメント支援サービスの無償提供を開始した。 RoboDKは、産業用ロボットや協働ロボットをプログラミングできるRoboDK社の技術を結集したシミュレーションソフト。 近年、生産現場において協働ロボットの導入が進んでいるが、リスク特定、リスク分析、リスク評価といった一連のプロセスにおいて「専門知識がある人が社内にいない」「リスクアセスメントにおける社内ルールがない」といった理由から、協働ロボットの導入が進まないケースがあった。 そこで今回、RoboDKを導入し…