世界で勝てる”ものづくり”へ 「勘」より科学的戦略 シミュレーションソフトが重要に

2014年8月27日

ものづくり現場では、市場のグローバル化、熟練労働者の減少、さらに消費者やユーザー志向の激しい変化に対し、従来の「勘」「こつ」「度胸」から、事前にシミュレーションしておくことで、早い立ち上げと投資リスクの回避を図る動きが強まりつつある。ただ、シミュレーションソフトの利用も先行した費用負担を伴うことから、まだ様子見の企業も多い。日本の製造業が国際市場で戦うためには、こうした数値に基づいた科学的戦略が重要と言われているだけに、早期の取り組みが求められている。 PLM(製品ライフサイクル管理)ソフトに代表されるシミュレーションは、熟練技術者の経験を数値化したもの。 ■熟練技術者頼み 製造業の生産計画立…