オムロン シミュレーションソフトウエア、実機同等の検証OK 短期で立ち上げも

2020年4月8日

オムロンは、業界初となるロボットと周辺機器の動きを連動させ、統合検証できるシミュレーションソフトウエア「Sysmac Studio 3Dシミュレーション」を4月から発売した。設備全体をデジタル上に再現し、実機と同等の精度で動作を簡単に検証することができる。

従来のシミュレーターは専用ソフトのため高価で専門知識が必要であり、さらに、設備を制御するコントローラとは別のソフトウエアを使用するため、シミュレーション結果と実機動作を一致させることが難しいという課題があった。

新シミュレーションソフトウエアは、同社の主力制御用コントローラ「NJ/NXシリーズ」のプログラミング用ソフト「Sysmac Studio」に、シミュレーション機能のオプションライセンスを追加するだけで、生産設備の動作シミュレーションを簡単に実現。メカ設計者と電気設計者が、設備設計の早い段階で協議しながら並行して設計でき、短期での立ち上げを可能にする。

シミュレーション動作は、実機のロボットや制御用コントローラ自体の動作まで再現するエミュレーター方式のため、実機との動作精度やリアルタイム性が高く、設備の生産能力の確認、立ち上げや改造に要する時間などを短縮することが可能。設備稼働後は、実機の動作状況をデジタル上で確認、モニタリングすることができる。

「Sysmac Studio 3Dシミュレーション」イメージ画像