不二越、小型ロボットラインナップを拡充 スカラロボット、6軸ロボットを発売

不二越は、産業用小型ロボットのラインナップを拡充し、スカラロボット「EC06」とコンパクトな6軸ロボット「MZ12H」を発売する。両製品は共通シリーズの制御装置を採用し、ロボットの組み合わせを容易にする。


スカラロボットEC06は、最大可搬6kgで、最大リーチ500mm、600mm、700mmの3機種をラインナップ。軽量、高剛性を両立し、クラストップレベルの高速・高精度動作を実現している。先端軸は中空構造になっており、ロボット本体から各種ツールまでの配線・配管の引き回しを簡略化し、周辺装置との干渉リスクを低減している。ティーチングは、ティーチングペンダントに変わってパソコンを制御装置に接続して操作が可能。シミュレーションソフトを使っての動作設定も可能になっている。販売目標は2021年度で2000台。


 小型6軸ロボットMZ12Hは、従来製品のMZ12の特長はそのままに、中空手首構造を採用してロボット本体から各種ツールまでの配線・配管の引き回しを簡略化した。同一クラスではトップレベルの作業領域とパワフルな手首トルクで大型ワーク・ハンドに対応。バリ取りやピッキング、部品の組立・搬送など幅広い用途で使用できる。IP67相当の防塵防滴、防錆機能を標準装備し、粉塵、水滴が飛散する環境にも対応している。販売目標は21年度で3000台。

https://www.nachi-fujikoshi.co.jp/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG