hmi の検索結果

コンテック HMI/SCADソフトウエア、工場の監視・管理システム容易に導入可能

HTML5技術を使用 コンテック(大阪市西淀川区)は、HTML5技術をベースとしたHMI/SCADソフトウエアを開発し、「CONPROSYS HMI System」として7月1日から販売開始した。 新製品は、プラントや生産工程の監視・管理システムを容易に構築・運用できるHMI/SCADソフトウエアで、HTML5サポートのブラウザ搭載であれば、マルチデバイスでモニタリングと操作が可能。システム構築における開発は専門知識を必要とせず、ブラウザを用いたドラッグ&ドロップで画面作成が行える。収集データやデータベースとプログラムレスで情報をリンクできるなど、短期間でのシステム構築が可能。 画面作成には、…


B&R「Power Panel T50」(Field HMIターミナル)

WebからHMI操作対応 B&Rのスイングアームへ取り付けができる「Power Panel T50」のField HMIターミナルは、組み込みブラウザを内蔵しており、同社のmappViewをWebベースのHMIアプリケーションで実行できる。このためオペレーターは、必要な情報を必要な時・場所でアクセスすることができ、HTML5、CSS、またはJavaScriptプログラミングをバックグラウンドなしで、使いやすいHMIソリューションを作成可能。 操作は、マルチタッチ技術により、スワイプやズームなどの一般的に使用されるジェスチャーを統合して、直感的で明確に構成されたユーザーガイダンスを実現でき、投影…


【各社トップが語る2020】シュナイダーエレクトリックホールディングス「HMI×データ活用を推進」白幡晶彦 代表取締役社長 日本統括代表

シュナイダーエレクトリックホールディングス 白幡晶彦 代表取締役社長 日本統括代表   2019年は3つの明るいトピックスがあった。1つ目は、世界初のHMIとしてPro-faceが生まれて30周年を迎え、累計販売台数も500万台に到達した。それを記念したキャンペーンやイベントが好評だった。 2つ目は、デジタルプラットフォーム「EcoStruxure」の着実な前進だ。これまでマシンソリューションとして、グローバルで培った知見とTVDA(試験済み、評価済み、文書化済みの装置構成のひな型)を提供し、輸出機械メーカーの高性能なスマートマシン開発を手助けしてきた。それに加えて19年には、複数の…


【各社トップが語る2020】IDEC「DNAの安全・HMI注力」舩木俊之 代表取締役会長 兼 社長

IDEC 舩木俊之 代表取締役会長 兼 社長   2020年3月期の売り上げは前年度年比マイナスで推移しているが、上期はほぼ計画通りである。工作機械はまだ厳しいが、半導体は上昇気配である。中国も冷え込んでいたが底を打った感じがする。 20年は、当社のDNAであるHMIと安全に注力する。 安全では、19年4月に東京センサを吸収合併して一体化したが、AGVなどの安全装置として使われるエッジスイッチや、新たに開発した防爆マットスイッチ、ロボットアーム向けに静電容量式を使った非接触式カバーで安全確保した製品などをラインアップしている。 さらに協働ロボットの取り扱いも増やしており、IDECの多…


イーエーオー・ジャパン HMISマルチ警告表示器、モジュール式設計でカスタマイズ

イーエーオー・ジャパン(東京都港区)は、運転台や制御キャビネットに最適な新しいHMISマルチ警告表示器を発売した。 鉄道の運転室では、どのような照明条件であっても運転士が瞬時に現状を把握し、危険な状況はないかを把握する必要がある。 新製品は、こうしたニーズに対応するHMISマルチ警告表示器で、どんな照明条件下でも明るく均一な照光で、パネルのサイズや異なる照光色、シンボルの数、配置などを自由にカスタマイズすることが可能。フレキシブルなモジュール式の設計となっており、新たな製品構成や幅広い用途に適応する。 取り付けの奥行きは8ミリメートル未満で、運転台パネルや制御キャビネットなどにフィットする薄型…


B&R 「Power Panel T50」(Field HMIターミナル)

WebからHMI操作対応 B&Rのスイングアームへ取り付けができる「Power Panel T50」のFieldHMIターミナルは、組み込みブラウザを内蔵しており、同社のmappViewをWebベースのHMIアプリケーションで実行できる。このためオペレータは、必要な情報を必要な時・場所でアクセスすることができ、HTML5、CSS、またはJavaScriptプログラミングをバックグラウンドなしで、使いやすいHMIソリューションを作成可能。 操作は、マルチタッチ技術により、スワイプやズームなどの一般的に使用されるジェスチャーを統合して、直感的で明確に構成されたユーザーガイダンスを実現でき、投影型の…


IDEC 19年3月期決算 期増収減益、HMIソリューション好調

IDECの2019年3月期連結決算は、売上高627億5700万円(前期比5.0%増)、営業利益57億2800万円(6.3%減)、経常利益58億4900万円(9.8%減)、当期純利益37億円(30.1%減)となった。買収効果などにより売り上げは増加したが、新規連結に伴う販売管理費の増加や、下半期以降の市場環境を踏まえた事業再編の加速などから減益となった。 製品別売上状況では、HMIソリューションが、APEM製品と制御用操作スイッチが好調に推移し、296億8500万円(前期比5.2%増)。盤内機器ソリューションは114億4400万円(1.1%増)、オートメーションソリューションは87億5500万円…


シュナイダー、HMI生誕30周年記念キャンペーン。フラッグシップモデルが最大66%引き

シュナイダーエレクトリックは、プログラマブル表示器(HMI)のリーディングブランド「Pro-face by Schneider Electric」のHMI生誕30周年を記念して、フラッグシップモデルである「SP5000シリーズ」の新機種が最大66%引きとなるキャンペーンを5月13日から実施中。 HMIは、1989年に同社の前身であるデジタルが世界に先駆けて製品化し、アナログ機器が中心だった制御盤をデジタル化し、機械・設備の「見える化」に貢献している。   キャンペーン対象は、信頼性の高いリアルタイムOS搭載のハイパフォーマンスHMI「SP5000シリーズ」の「SP-5B00」(参考価…


【各社トップが語る2018】IDEC「HMI事業でNo.1目指す」

代表取締役会長兼社長 舩木俊之 安定した拡大を見せている景気は、2018年も継続して推移するとみている。当社の18年3月期業績も、上期としては売上高、利益とも過去最高を更新している。とくに、HMIソリューションはAPEMグループの子会社化で、前年同期比134%増と大幅な増加になっているが、APEMの売り上げを除いても、制御用操作スイッチが好調なことから同25%増加している。 現在、真のグローバル企業への変革を目指して22年度までに売上高1000億円、海外売り上げ比率60%以上、営業利益率15%以上などを目標に掲げている。その取り組みのひとつがHMI事業でのグローバル№1売り上げの確立だ。ⅠoT…


シュナイダーエレクトリック HMI操作画面作成ソフト発売 スマホライクな操作感

シュナイダーエレクトリックは、HMI(プログラマブル表示器)のリーディングブランド「Pro-face by Schneider Electric」より、新たな画面作成ソフトウエア「BLUE(ブルー)」を12月中旬から発売した。 新製品は、使い慣れたスマホライクな操作感で、必要な情報を見やすく表示、操作することができる。ズーム機能で詳しい情報を1操作で表示したり、マルチスクリーンで同時にさまざまな情報を確認したりすることが可能で、フォントやパーツも、今までのHMIとは一線を画した美しさを実現している。 OPC UAサーバに対応しているため、上位データベースとスムーズに連携し、装置情報を余すところ…