イーエーオー・ジャパン HMISマルチ警告表示器、モジュール式設計でカスタマイズ

イーエーオー・ジャパン(東京都港区)は、運転台や制御キャビネットに最適な新しいHMISマルチ警告表示器を発売した。

鉄道の運転室では、どのような照明条件であっても運転士が瞬時に現状を把握し、危険な状況はないかを把握する必要がある。

新製品は、こうしたニーズに対応するHMISマルチ警告表示器で、どんな照明条件下でも明るく均一な照光で、パネルのサイズや異なる照光色、シンボルの数、配置などを自由にカスタマイズすることが可能。フレキシブルなモジュール式の設計となっており、新たな製品構成や幅広い用途に適応する。

取り付けの奥行きは8ミリメートル未満で、運転台パネルや制御キャビネットなどにフィットする薄型設計となっている。また、電気的に独立しているため高い操作安全性を有し、各エレメントの冗長照明により、さらに信頼性を提供。

バスインターフェイスやデジタルIOなどによって制御可能で、既存のシステムと簡単かつ効果的に統合することが可能。警告パネルに付いている静電容量式タッチセンサの利用で、迅速なランプテストが行える。表示灯パネルの取り付けは、アダプター、またはスペーシングピンを使用して直接取り付けが可能。

EN 45545に適合しており、各モジュール内で最大36個のタイルを接続して提供し、24~110VDCのシステムに適合する。

運転台や制御キャビネットに最適

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG