biツール の検索結果

【製造業BIツール導入事例】郷商事、ジールとともに在庫の適正管理に向けた基盤を整備

郷商事は、建設・農業機械メーカーや家電メーカーが製造する機器の部品を販売し、商事・貿易部門と生産管理部門を併せ持ったメーカー機能商社として事業を展開している。建設や産業、農業機械の部品として使われる油圧ホースなど材料の在庫適正化が課題となっており、ジールの技術支援を受け、ウイングアーク1st社の国産BIツール「MotionBoard」と「Dr.Sum」を組み合わせた在庫管理ソリューションを導入し、在庫管理の基盤を整備した。(導入事例の全文はこちら) 背景と課題 保有在庫の適正化が課題にデータを活用した管理の徹底化へ  顧客からの納期厳守のため、急な発注にも対応できるよう、材料の在庫を確保してお…


【製造業BIツール導入事例】ヤマハ発動機、ジールの技術支援のもと、製造部門がグローバルなデータ分析基盤の構築・運用を実現

ヤマハ発動機は、BI・データウェアハウスソリューションを専門とする株式会社ジール(本社:東京都品川区、代表取締役社長:岡部 貴弘)の技術支援を受け、販売データを起点とした生産や物流の最適化、製造部門のデータ分析基盤の構築に向けてBI(ビジネス・インテリジェンス)ツールを導入し、運用を開始した。BIツールを活用してどのようにデマンドチェーンの革新につなげたか。要点を抜粋して紹介する(導入事例の詳細・全文はこちら) 背景と課題 需給調整の精度を向上させる デマンドチェーン変革の実現を目指す  ヤマハ発動機は、グローバルで持続的成長を目指し、需給調整の精度向上を図るうえで、消費者の需要側から見た製品…


【製造業DXに向けて】ジール✕Snowflakeトップ対談 – DX先進企業からSnowflakeが選ばれる理由 –

※本記事は、株式会社ジール「BI Online」からの転載です BI Onlineによる記事はこちら  DX(デジタルトランスフォーメーション) が成長戦略の要となる一方で、データドリブン経営へのシフトは喫緊の課題だ。5G (第5 世代移動通信システム) などによって増加するデータをいかにスピーディーに価値のある情報に変換していくか。そんな中、グローバルでDX先進企業の導入が進んでいるのが、クラウド型データプラットフォームである「Snowflake」だ。2019 年にガートナーは、「アナリティクスのためのデータマネジメントソリューション分野」におけるリーダーの1社にSnowflake社を位置づ…


シナプスイノベーション、製造業向け IoT対応 生産管理・原価管理・販売購買システムの新機能を提供開始

製造業向けIT/IoTソリューションを展開するシナプスイノベーション(大阪市北区)は、製造業向け IoT対応 生産管理・原価管理・販売購買システム「J WALD(ジェイバルト)」の新機能(β版)を、10月21日から提供開始した。 同社が提供するJ WALDは、生産管理、原価管理、販売管理の機能を持つパッケージでIoTに対応しており、設備(PLC)やセンサーと連携し、実績入力、報告業務を自動化・精緻化が行える。 ERP、会計システム、スケジューラ、BIツールなどあらゆる他システムと連携し、正確な現場判断、経営判断を行うことが可能。ひとつの環境であらゆる拠点、さまざまな工程の生産状況等を管理するこ…


岩崎通信機 JVCケンウッドと協業、FA向けソリューション展開

岩崎通信機はJVCケンウッドと協業し、メーター自動読取ソフトウエアとエッジAIカメラを連携させたFA向けソリューション展開を開始する。 岩崎通信機のメーター自動読取ソフトウエア「計器読む像」は、「計器読む像」を搭載したPCで各種カメラのメーター画像を読み取ることにより、工場やプラントのメーター値を自動で記録できるソフトウエア。 新ソリューションは、エッジ(カメラ内部)でAI処理が行えるJVCケンウッドのエッジAIカメラに「計器読む像」を搭載し、カメラで撮影したアナログ/デジタルメーターの画像を数値化してサーバーへ送信することが可能。BIツール等で可視化したり、設定した値を超えた際には警告灯の点…


カシオ計算機「ピカリコ」 LED×カメラの可視光通信、“第3の測位技術”注目

電池未使用 現場改善で活用 カシオ計算機は、イメージング技術を活かしたBtoB、産業や社会向け新規事業に取り組んでいる。その先がけとして期待されているのが、光の3原色とカメラを使って測位や情報送受信ができる可視光通信技術「picalico(ピカリコ)」。 近年、IoTやビーコンを使って工場内のものの動きを把握したいという屋内測位ニーズがトレンドになるなか、電波とは違った特長を持つ技術として注目を集めている。   従来のRFIDやビーコンと異なる 最近、製造業や物流業では屋内測位技術の活用が注目を集め、ものの位置情報が搬送装置の稼働状況や滞留の早期解消、動線分析を通じた現場改善やレイア…


【インタビュー】リンクス村上社長、「IIoT導入」で成果

自動車 製薬 飲食料品、3業界に特化 製造現場のデータ活用やITとOTの融合には土台となる情報基盤が必要とされ、そのツールとして「SCADA」が注目を集めている。SCADA自体は昔からプロセス産業の情報基盤として使われてきたが、近年は組み立て製造業や三品産業(飲食料品、医薬品、化粧品)などでも採用が広がっている。 世界90カ国以上で導入が広がっているCOPA-DATA社のSCADA「ZENON(ゼノン)」を取り扱い、IIoT(産業向けIoT)の構築に力を注ぐリンクスの村上慶社長に話を聞いた。   「SCADA」業界ごとに最適活用 90カ国以上に広がり –製造業のデジタル化…


富士ゼロックス 紙帳票の保全可視化 手書き文字認識率99%超

富士ゼロックス(東京都港区)は、独自の手書き文字認識技術を組み込んだ帳票処理支援ツール「ApeosWare Record Link」と、ウイングアーク1st(東京都渋谷区)が提供するBIツール「Dr.Sum EA」「MotionBoard」を組み合わせた「紙帳票による保全可視化ソリューション」の提供を開始した。 価格は、「ApeosWare Record Link 1.1」基本パッケージが200万円、データベースおよびレポーティングツール「Dr.Sum EA Premium」が250万円、ノンプログラミングで複数の情報源からデータを集め、概要をまとめて一覧表示するダッシュボードツール「Moti…


キヤノンITS ビッグデータ可視化ツール販売開始 専門知識いらず簡単操作

キヤノンITソリューションズ(東京都品川区)は、産業オートメーション向けトータルソリューション「Woderware(ワンダーウェア)」と、サイバネットシステムのビッグデータ可視化ツール「BIGDAT@Viewer(ビッグデータビューア)」を連携し、収集、蓄積した産業用ビッグデータを活用するツールとして提供を開始している。 BIGDAT@Viewerは、統計解析や多変量解析の高度な専門知識がなくとも、直感的なインターフェースと簡単な操作性で、ビッグデータの可視化・分析を行うことができる。 BIツール等で特定のデータ項目の詳細分析を行う前段階で可視化を行い、気付きや仮説立案を支援するデータの0次分…


シュナイダーエレクトリック/Wonderware 見える化から情報活用までFACTORY2016で紹介

シュナイダーエレクトリックが提供する統合開発パッケージ「Wonderware」は、さまざまな業種・規模の産業オートメーションシステムの構築に適用されている。10月19日から東京ビッグサイトで開催された展示会「FACTORY2016(主催=日経BP社)」では、代理店であるキヤノンITソリューションズと共同でソリューション展示を行い、多数の来場者を集めた。 WonderwareはHMI/SCADAから実績収集管理および分析、レポーティング、Web遠隔監視、工程品質管理、製造実行管理など、製造ライン制御やプラント制御に必要なあらゆる機能を提供でき、グローバルに高い実績を誇っている。 特に次世代スマー…