岩崎通信機 JVCケンウッドと協業、FA向けソリューション展開

2020年10月7日

岩崎通信機はJVCケンウッドと協業し、メーター自動読取ソフトウエアとエッジAIカメラを連携させたFA向けソリューション展開を開始する。

岩崎通信機のメーター自動読取ソフトウエア「計器読む像」は、「計器読む像」を搭載したPCで各種カメラのメーター画像を読み取ることにより、工場やプラントのメーター値を自動で記録できるソフトウエア。

新ソリューションは、エッジ(カメラ内部)でAI処理が行えるJVCケンウッドのエッジAIカメラに「計器読む像」を搭載し、カメラで撮影したアナログ/デジタルメーターの画像を数値化してサーバーへ送信することが可能。BIツール等で可視化したり、設定した値を超えた際には警告灯の点灯やメールで管理者へ通知するなどの機能を追加することもできる。工場やプラント内の狭い場所に設置でき、後付けで設置が可能。

両社は今後、FAシステムを提供するシステムインテグレーターと連携し、少額の投資で容易に保守点検の自動化や遠隔化ができ、点検頻度の向上や蓄積データによる設備トラブルの予兆診断等の実現など、工場・プラントのBCP(事業継続計画)対策にも貢献するソリューションとして展開するとしている。