シュナイダーエレクトリック/Wonderware 見える化から情報活用までFACTORY2016で紹介

シュナイダーエレクトリックが提供する統合開発パッケージ「Wonderware」は、さまざまな業種・規模の産業オートメーションシステムの構築に適用されている。10月19日から東京ビッグサイトで開催された展示会「FACTORY2016(主催=日経BP社)」では、代理店であるキヤノンITソリューションズと共同でソリューション展示を行い、多数の来場者を集めた。

WonderwareはHMI/SCADAから実績収集管理および分析、レポーティング、Web遠隔監視、工程品質管理、製造実行管理など、製造ライン制御やプラント制御に必要なあらゆる機能を提供でき、グローバルに高い実績を誇っている。
特に次世代スマート工場の実現のためには、既存システムを利活用した上で、製造現場の見える化を進め、外部システムとのスムーズな連携が必須となっている。展示では高速大容量の時系列データの一括管理の要件と汎用性を備えたデータベース「Histrian Server」、蓄積したデータから問題の予兆や原因、コスト削減や生産性アップなどにつながる有益な情報を発見するための履歴データ活用・分析ツール「Histrian Client」、さらに、セルフBIツールとして世界的に定評のあるTableauをベースとし、さまざまな視点からデータ分析が可能な「Wonderware Intelligence」などを紹介した。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG