acサーボシステム の検索結果

日立産機システム ACサーボシステム「ADV/ADV-MEGAシリーズ」

スマートマシン実現に貢献 日立産機システムは、『スマートマシン』の実現をめざしたグローバルでオープンな技術をベースに製品群を展開。 ACサーボシステムは、小容量ADVシリーズから100kWを超える中・大容量ADV-MEGAシリーズまで幅広くラインアップ。両シリーズ全てEtherCAT最短制御サイクル125μsに対応し高速制御を実現。 また、リニアモータ対応モデルも用意しており、半導体製造装置、ロボット、射出成形機、サーボプレスなど幅広い装置に納入実績がある。 サーボシステムを含めた同社のドライブオートメーションは、高速・高精度が特長のACサーボシステムを核としたMotionプラットフォーム、国…


デルタエレクトロニクス ACサーボシステム「ASDA-A3シリーズ」

24ビットエンコーダ採用 スマート・マニュファクチュアリングの急速な発展につれて、より高性能、高速度、高精度、高帯域幅且つ高機能を提供するACサーボシステムが求められている。 デルタエレクトロニクスでは、工業機械のモーションコントロールへの高い要求に応えるため、多機能、高性能、省エネルギー且つコンパクトな新しいハイエンドACサーボシステム「ASDA-A3シリーズ」を発売した。「ASDA-A3シリーズ」は、オートチューニング機能と使い勝手の良いインタフェースを採用したシステム解析機能を搭載。3.1kHzの帯域幅を持ち、24ビットアブソリュートタイプエンコーダを採用した、高応答、高精密な位置決めを…


デルタエレクトロニクス ACサーボシステム「ASDA-A3シリーズ」

24ビットエンコーダ採用 スマート・マニュファクチュアリングの急速な発展につれて、より高性能、高速度、高精度、高帯域幅かつ高機能を提供するACサーボシステムが求められている。 デルタエレクトロニクスでは、工業機械のモーションコントロールへの高い要求に応えるため、多機能、高性能、省エネルギーかつコンパクトな新しいハイエンドACサーボシステム「ASDA-A3シリーズ」を発売した。 「ASDA-A3シリーズ」は、オートチューニング機能と使い勝手の良いインタフェースを採用したシステム解析機能を搭載。3.1kHzの帯域幅を持ち、24ビットアブソリュートタイプエンコーダを採用した、高応答、高精密な位置決め…


サーボモータ各社の主力製品 ◆同期制御用ソフトウェア「A–Motion」PC1台でモーション制御 アルゴシステム ◆ACサーボシステム「MELSERVOシリーズ」J4トルクむら低減、安定制御 三菱電機 ◆ACサーボドライブシステム「Σ-V」最適機種選べる豊富な品揃え 安川電機

アルゴシステムは、同期制御用のソフトウェア「AI―Motion」を、同社の産業用PCにバンドル提供することで、多様なモーション同期制御を可能にしている。 同社の「AI3ソリューション・パッケージ」は、操作から制御・画像処理までを、同社の産業用PC1台で実現するソフトウェアパッケージ。同パッケージを構成するAI―Motionは、高速モーションネットワークのEtherCAT、MECHATROLINKに対応するモーションライブラリである。 国際規格IEC61131―3準拠のソフトウェアPLCである「AI―PLC」、およびリアルタイムOSの「INtime」上で動作。PLCopen準拠の同期制御が可能で…


サーボモータ 各社の主力製品 安川電機ACサーボシステム「∑―V(ファイブ)シリーズ」 業界最高性能で優れた拡張性

安川電機は、ACサーボドライブシステムで製品開発、営業の両面で意欲的な取り組みを行っている。このほど新パワーデバイス(SiC)を採用した次世代ドライブシステムを発表し、トップメーカーとしての技術力を示した。また、省レアアースサーボモータの開発マップも示している。 機種は一歩先を行く機能を実現した最新機種「∑―V(ファイブ)」を中心に、リニアサーボドライブやダイレクトドライブなど、幅広い品ぞろえを誇る。∑―Vは、業界最高性能を誇る「ダントツ性能、かんたん立ち上げ、優れた拡張性」のコンセプトでユーザーからの評価が定着している。 また、つなげばすぐ動く新調整レス機能として、マシンの動きを自動的に最適…


サーボモータ主要各社の重点製品 安川電機ACサーボシステム「£-V(ファイブ)シリーズ」つなげば動く簡単最適調整機能

安川電機は、モーションコントロール事業の中でACサーボドライブシステムの拡販に注力している。 特に、機械関係の成長が著しい中国市場に対応して、昨年中国・瀋陽にサーボモータの新工場を建設して、供給体制を一段と強化した。 機種は一歩先を行く機能を実現した最新機種「∑―V(ファイブ)」を中心に、「JUNMAシリーズ」やリニアサーボドライブやダイレクトドライブなど、幅広い品ぞろえを誇る。 ∑―Vは、業界最高性能を誇る「ダントツ性能、かんたん立ち上げ、優れた拡張性」のコンセプトでユーザーからの評価が定着している。 整定時間を大幅に短縮できる業界最高レベルのサーボ応答性(1・6kHz)と、20ビットロータ…


【速報取材レポート公開】「TECHNO-FRONTIER 2018(テクノフロンティア)」電源システム展、メカトロニクス技術展から約20社掲載

メカトロニクスやエレクトロニクスと、それらに関連する専門領域の最新技術と製品が一堂に会する「TECHNO-FRONTIER(テクノフロンティア)2018」(主催=日本能率協会)が、4月18日(水)~20日(金)の3日間、幕張メッセ(4~6ホール)で開催される。 「TECHNO-FRONTIER(テクノフロンティア)」を構成する「第33回 電源システム展」「第11回 メカトロニクス技術展」から注目度の高い約20社のブースを取材し、見どころやトレンドをまとめた取材レポートをアペルザカタログにて公開。先端技術や製品を写真と解説つきでお届けする。 ▼テクノフロンティア2018「電源システム展」「メカト…


【中国の自動化 最新事情③】ハーモニック・ドライブ・システムズ(上海)幾田哲雄董事長兼総経理に聞く

ローカル企業の育成がカギ握る 世界一のロボット市場の中国。自動化熱が高まるなか、製造現場への導入はもちろんのこと、新たなロボット技術の開発や市場開拓も進む。減速機はロボットの構成部品のなかでも特別重要なパーツと言われ、世界的にも日本企業が圧倒的なシェアを占める。そんな減速機のトップメーカーであるハーモニック・ドライブ・システムズの中国現地法人の哈黙納科(上海)商貿(HDCH)の幾田哲雄董事長兼総経理に「SIAF-SPS Industrial Fair Guangzhou(広州国際オートメーションテクノロジー専門見本市)」の会場で話を聞いた。   —— 中国の自動化に対する関心度はいか…


【各社トップが語る2018】三菱電機「エッジレベルの対応強化」

FAシステム事業本部機器事業部長 三条寛和 2017年度は、携帯関連、情報端末、自動車関連などの投資が拡大し、FPD(フラットパネルディスプレイ)、半導体、電子部品関連などでの需要が好調に推移している。FPDの繁忙からシーケンサのIQ-Rシリーズなどが新装置向けで採用が進み、半導体や電子部品製造装置・実装装置などでサーボモータの引き合いも急増している。 ACサーボシステムは増産に向けて、名古屋と中国・常熟工場で設備増設を行っており、18年4月までには月産48万台体制に持っていく。常熟では第2工場を2倍に拡張する工事も進めており、6月にはロボットの生産を名古屋に加えて常熟でも開始して能力を16年…


オムロン FSoE対応サーボを発売 高速・高精度制御を実現

オムロンは、ACサーボシステム1Sシリーズを開発、7月1日からグローバルで一斉発売した。 今回発売する「1Sシリーズ」は、マシンオートメーションコントローラ「形NX/NJシリーズ」とオープンネットワーク「EtherCAT」を介して接続することで、搭載する設備の性能を向上すると共に、オートメーションソフトウエア「Sysmac StudIo」によって設計から立ち上げまでを容易にする。これにより、サーボの選定から調整までの時間を同社従来機種比で50%削減できるとしている。 また、「形NX701」とACサーボシステム「1Sシリーズ」の組み合わせにより、同社従来機種比2分の1となるEtherCAT通信周…