【ジャンボびっくり見本市 出展製品紹介】光洋電子工業 ACサーボシステム/ロータリエンコーダ/産業用電源/LED照明用電源

『即納』で困り事を解決

光洋電子工業は、第48回ジャンボびっくり見本市に、《即納》をテーマに出展し、ACサーボシステム、ロータリエンコーダ、産業用電源等でお客さまのニーズに合わせた困り事の解決を提案する。

ACサーボシステムでは、即納は当然のこと、トータルでコスト削減を期待できるPRモードを搭載したシステムを紹介する。

また、ロータリエンコーダでは、φ38薄型モデルTRD-SR/SHRにIP65タイプを追加。さらにシャフト長、取り付け穴など豊富なラインアップを紹介。

産業用電源では、パネルマウントタイプ、オープンフレームタイプにDC48Vタイプを追加し、短納期で即座にお客様の困り事を解決する。

LED照明用電源では、LED看板用はもちろん、定電圧・定電流電源としても使用出来る製品を、数量限定で即納品を展示。防水機能もあり、屋外使用も可能となっている。

その他、ウェアラブル端末を採用したIoTシステムも展示し、目の前にある困り事だけでなく、中長期的な困り事についても提案ができる展示内容となっている。

https://www.koyoele.co.jp/jp/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG