【IIFES特集】ACサーボシステム 光洋電子工業 モーション機能を内蔵

光洋電子工業は、IIFESオンラインで、「創造価値 de スモールスタート!」をテーマに、イチオシ・オススメ製品をわかりやすく紹介する。また、 ソリューション事業からセンサまで、製造現場での「困りゴト解決」の事例や提案も行う。

注力製品であるACサーボシステムは、サーボドライバ内部にモーション動作を設定できるPRモードを内蔵し、モーションコントローラや位置決めユニットを使わずに、ドライバとモータだけで小規模装置を動かすことができる。エアシリンダーからの置き換えで、エネルギーロスの多い空気圧が不要になり、省エネ、高速化が可能になるほか、1軸位置決めやインデックステーブルなどの装置にも使え、システムの簡素化を実現できる。

ツールソフトには、オートチューニングやオシロスコープなどの使いやすい機能が豊富にそろっている。

そのほか、オンラインIIFESでは、ACサーボシステムの簡単な使い方や、新製品のWindows10対応パネルコンピュータ、スマートコントローラSJ-ETHERの各種機能と事例、エンコーダを使った事例、置くだけ簡単IoT、JTEKT製「稼働アップNavi Light」などを紹介している。

(https://www.koyoele.co.jp/jp/)

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG