【サーボモータ主要各社の製品紹介】光洋電子工業 ACサーボシステム「A3シリーズ」モーション機能を内蔵

光洋電子工業は、国内外共に新たなライフスタイルが模索されている状況の中、自動化や省人化がより一層求められていることから、その解決の一助となるACサーボシステム「A3シリーズ」を販売している。

A3シリーズは、サーボドライバ内部にモーション動作を設定できるPRモードを内蔵しており、高価なモーションコントローラや位置決めユニットを使わずに、ドライバとモータだけで小規模装置を動かすことができるのが特長。この機能を使えばよりコストを抑えた設備や省スペースなど、さまざまな要望に応えられる。他にも、優れた振動抑制機能や電子カム機能、キャプチャ・コンペア機能など豊富な機能を持っている。
モータには、24bitのアブソリュートエンコーダを採用しており、最近の位置決め精度要求に応えられる仕様となっている。モータ容量は100W~750Wの4タイプがブレーキ有/無で計8種類が準備されている。

また、使いやすいツールソフトの「KSD-Soft」では、オートチューニングやオシロスコープなどの機能が豊富に準備されており、ホームページから無償でダウンロードできる。主な用途としては、モータ数軸までの小型装置で、例えばエアーシリンダーの置き換えや割り出し装置、搬送装置などを想定している。

https://www.koyoele.co.jp/jp

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG