解析 の検索結果

アンドール 検査表システム、文字解析機能も

アンドールは、図面から部品の寸法や公差の数値を自動的に検査表として生成する「検査表システム」バージョン1.2を、10月22日から発売開始した。 同システムは、DXF/DWGデータ読込に対応しており、指定した寸法値や公差情報を取得して検査表として表示する。実際の計測値を入れると、判定の可否も自動で行ってくれる。また、新たに開発した文字解析機能により、擬似寸法(寸法線のように表示している文字)を認識し、検査表へ取り込むことも可能となった。 表示機能は、番号の表示位置を上下左右に切り替えたり、表示・非表示を切り替える機能を搭載。


横河電機 解析ソフトウエア、迅速・高効率に解析

他社データ 直接取り込み可能 横河電機は、他社プラント情報管理システム(PIMS)のデータを容易に取り込むことができる解析ソフトウエア「Process Data Analytics R1.02」を開発、11月から発売する。 現在の生産現場には、さまざまなベンダーによるデータ蓄積環境が混在しているため、期待通りの解析結果を得るには、解析で使用するデータの選択が重要なポイントとなっている。 Process Data Analyticsは、プロセスデータ解析や、設備の状況、操作履歴などのデータ解析を行い、品質の異常や生産性の低下を早期に発見できるソフトウエアパッケージ。「MT法」を用いた解析機能を搭…


富士電機「止まらない設備」実現、データを一括収集・解析

富士電機は、データ収集から解析までをワンパッケージで提供するシステムソリューション「OnePackEdge」を8月23日に発売した。 新製品は、同社の計測制御機器・センサ等を組み合わせた計測制御システムの実績を生かし、データ収集端末と解析ソフトを適用したシステムソリューション。設備の不具合や不良品発生などの要因解析を通して「止まらない設備」の実現に貢献する。 従来は、データの収集は設備ごとに個別の端末で行われることが一般的であり、データの入力方法や形式はまちまちという状態だった。新製品は、生産設備のセンサやCNC、PLCなどから温度・振動・圧力、稼働・品質情報などの各種データを独自のデータ収集…


データ・デザイン、3D積層造形向け設計/解析ソフトウェア「NETFABB 2019」リリース

〜軽量化を実現するラティス化機能とクラウドベース・シミュレーション機能を大幅に強化〜 データ・デザイン(愛知県名古屋市)は、3D積層造形向け設計/解析ソフトウェア「AUTODESK NETFABB」の最新バージョンV2019.0を9月3日(月)に正式リリース、出荷を開始いたしました。 今回のバージョンアップでは、軽量化を実現するために必要とされるラティス化機能や、金属積層造形で課題となる3D積層造形シミュレーション機能が強化され、操作性の向上を目的としたマシン・ワークスペース機能の追加、また新たにDMGMORI社/Formlabs社の3D積層造形装置への対応が実現しました。 ラティス化機能とシ…


富士電機、データ収集から解析までをワンパッケージで提供システムソリューション「OnePackEdge」発売

富士電機(東京都品川区)は、データ収集から解析までをワンパッケージで提供するシステムソリューション「OnePackEdge」を発売しますので、お知らせいたします。 1.背景 近年生産現場では、業務改善や生産性向上のため、IoT技術を取り入れる動きが加速しています。 当社は今般、計測制御機器・センサ等を組み合わせた計測制御システムの実績を活かし、データ収集端末と解析ソフトを適用したシステムソリューション「OnePackEdge」を新たに開発し、発売します。 本製品は、設備の不具合や不良品の発生などの要因解析を通して、お客様の「止まらない設備」の実現に貢献するシステムです。データ収集から解析までを…


クオリカ、鋳造業向け設計シミュレーション「JSCAST」超高速解析の新製品販売開始

~従来製品の5~10倍の解析時間短縮~ TISインテックグループのクオリカ(東京都新宿区)は、鋳造方案設計シミュレーション「JSCAST」の超高速解析版を2018年8月より販売開始します。 超高速解析版では、お客様の設計検討業務における解析時間が従来製品に比べ、5~10倍の時間短縮(数時間から数分)を実現しており、製品完成までのリードタイムが大幅に短縮できます。 本製品は、GPGPU(General Purpose Graphics Processing Unit)ボードを搭載したワークステーションパソコンで稼働可能です。サブスクリプション・クラウド製品があり、サブスクリプション製品の価格は、…


OKIエンジニアリング、最先端デバイスの故障個所と原因をその場で特定する「お客様立会い故障解析サービス」を提供開始

高度な非破壊検査技術を活用し、短時間で解決 OKIグループの信頼性評価と環境保全の技術サービスを展開するOKIエンジニアリング(東京都練馬区)は、2018年6月21日より、微細・高密度実装・高積層デバイスなどの最先端デバイスの故障個所を、高度な非破壊検査技術により、お客様立会いの場で短時間に特定して、故障原因を究明する新サービス「お客様立会い故障解析サービス」の提供を開始します。 自動車・車載機器分野など、短納期かつ確実な故障解析の検証が求められる市場要求にお応えし、多様な製品の品質、信頼性向上に寄与します。 ▲最新鋭のX線CTで撮影したBGAボールクラックの観察例   IoTの進展…


コグネックス AI搭載の画像解析ソフト 高度な検査 自動化

コグネックス(東京都文京区)は、ディープラーニングベースの画像解析ソフトウエア「VisionPro ViDi」を5月30日から発売した。 従来型のマシンビジョンシステムでは、予想外の欠陥やばらつきに対応するのは難しく、どうしても人間が検査せざるを得ない場合があった。 新製品は、同社のマシンビジョンソフトウエア「VisionPro」に人工知能を搭載。人間による目視検査能力と、自動化システムの持つ信頼性、再現性、スピードを組み合わせることで、これまで自動化が難しかったアプリケーションを解決する。 位置決め、検査、分類、およびOCR(光学文字認識)で構成されるVisionProのコアライブラリがディ…


安川電機、データ収集・蓄積・視える化・解析で生産性向上を実現する「YASKAWA Cockpit」を提供開始

安川電機は、様々なものづくりの現場で発生するビッグデータを、当社のグローバルで競争力のあるサーボ・インバータそしてロボットを中心とした製品を介して集めることができる強みを生かし、データの収集・視える化、そして、蓄積・解析を一括して行うことができるソフトウェアツール「YASKAWA Cockpit(以下、YCP)」を製品化しましたのでお知らせいたします。 1. 製品化の目的 当社は長期経営計画「2025年ビジョン」に掲げる「新たな産業自動化革命の実現」に向け、2017年10月に新たなソリューションコンセプト「i3-Mechatronics(アイキューブ メカトロニクス)」を提唱し、デジタルデータ…


オープンストリームとトッパンフォームズ、AIによる画像解析技術を活用したソリューションで業務提携・共同開発

紙帳票から、帳票入力GUIへの自動変換・生成を行うAI技術の開発 オープンストリーム(東京都新宿区)とトッパン・フォームズ(東京都港区)は、AIによる画像解析技術を活用したソリューションについて業務提携契約を締結し、共同開発を行うことをお知らせいたします。 今回の業務提携では、AIによる画像解析技術を活用し、紙などのアナログな帳票から、帳票入力GUI(Webプログラム等)への自動変換・生成が可能となるソリューションを研究開発いたします。 トッパンフォームズが所有する膨大な量の記入済み帳票画像を学習データとし、オープンストリームがこれまで培った知見を活用したAI開発を推進。転移学習をはじめとする…