Check !!

安川電機、ACサーボドライブにデータのカスタマイズ機能仕様 データ収集や一次解析、モーション制御へのフィードバックが可能に

安川電機は、ACサーボドライブ「Σ-X(シグマ・テン)シリーズ」について、センシングしたデータのカスタマイズ機能を備えた「Σ-XシリーズFT55/FT56仕様」を発売した。
 同社では標準品のサーボパックに装置の用途別に最適な機能を追加した「FT仕様」として発売しており、同製品はFT仕様のひとつとして、センシングデータのカスタマイズと機器間データ共有、カスタムモーション(FT56仕様のみ)の機能を付加したもの。
センシングデータのカスタマイズ機能は、サーボパックのセンシングデータを最速125μsで高速に収集して一次解析する。センサーネットワークΣ-LINKⅡに接続された外部センサーからのデータもサーボパックの制御周期に合わせてユーザーアプリケーションで収集可能。
同じMECHATROLINK-4ネットワークに接続された他のサーボパックのセンシングデータを伝送周期ごとにサイクリックに共有でき、自軸と他軸を含めたより高度なセンシングデータの解析が可能となる。
また、サーボ内のユーザーアプリケーションから直接モータを制御して独自にモーション制御(位置決め、定速送り、補間制御、速度制御、トルク制御)を実行できる。上位コントローラの処理負荷の軽減に加え、上位コントローラの処理周期やネットワークの遅延に依存しない高速なモーション制御が可能になる。外部センサを利用して複数軸で連携したモーション制御も可能。
高速で収集したセンシングデータによる装置の予防保全や異常検知、生産品質の見える化、上位コントローラの処理周期やネットワークの遅延に依存しない高速モーション制御を行う用途などに最適となっている。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG