富士電機、データ収集から解析までをワンパッケージで提供システムソリューション「OnePackEdge」発売

2018年8月24日

富士電機(東京都品川区)は、データ収集から解析までをワンパッケージで提供するシステムソリューション「OnePackEdge」を発売しますので、お知らせいたします。

1.背景

近年生産現場では、業務改善や生産性向上のため、IoT技術を取り入れる動きが加速しています。

当社は今般、計測制御機器・センサ等を組み合わせた計測制御システムの実績を活かし、データ収集端末と解析ソフトを適用したシステムソリューション「OnePackEdge」を新たに開発し、発売します。

本製品は、設備の不具合や不良品の発生などの要因解析を通して、お客様の「止まらない設備」の実現に貢献するシステムです。データ収集から解析までをワンパッケージで提供でき、生産現場における品質向上や業務効率改善を支援します。

 

2.OnePackEdgeができること

1)生産現場のデータを一括収集し、解析に適した形で提供

生産設備の各種センサやCNCまたはPLC※から、温度・振動・圧力や、稼働・品質情報などの各種データを、独自のデータ収集端末で一括収集します。

▼「OnePackEdge」のイメージ

従来は、生産現場におけるデータ収集は設備ごとに個別の端末で行われることが一般的で、データの入力方法や形式(収集周期など)はまちまちでした。また、解析を行うには収集したデータをその目的に応じて関連付ける必要があり、集めたデータを別途担当者が集計するなどの手間が生じていました。

本システムのデータ収集端末は多様な設備に対応しており、あらゆるデータを統一形式で収集できます。さらに、要因解析に適したデータに自動集計する機能を備えており、解析作業を効率化します。

※CNC/PLC:工作機械などの生産設備の動作をコンピュータによりデジタル制御する装置

▲データ収集端末

 

2)設備異常や不良発生の要因を解析し、予兆を検知

MSPC(多変量統計的プロセス管理)を適用した独自のソフトウェアで、設備異常や不良発生の要因解析を行います。データ収集端末と連携することで、稼働中の設備・製品データと、あらかじめ取得した正常時の当該データとの「ズレ」から異常の予兆を検知することができ、お客様は不具合などが生じる前に対策を講じることができます。

出典:富士電機「データ収集から解析までをワンパッケージで提供 システムソリューション『OnePackEdge』の発売について」