アズビル、大陽日酸Gに クラウド型バルブ解析診断サービス提供

アズビルは、大陽日酸グループのティーエムエアー鹿島事業所(茨城県神栖市)の主要プラントである空気分離設備および関連設備に、「Dxバルブクラウドサービス」を8月2日から提供開始した。

このサービスは、コントロールバルブの解析診断結果を Webコンテンツで提供することで、プラントや工場で稼働するバルブの健全性を診断し、その結果を可視化。生産設備の安定化や保安力強化に貢献する。

同事業所は、鹿島地区コンビナートで操業しているエンドユーザーに直接パイプラインで産業ガスの供給を行っている。

2019年5月からメンテナンスの効率化、最適化を図るためにアズビルの調節弁メンテナンスサポートシステム「PLUG-IN Valstaff」を導入し、定期的に設備の運転を停止して機器の検診を行う予防保全から、稼働中に状態を監視・診断を行い必要な対策を実施する予知 保全の取り組みを開始した。

まず、空気分離設備の付帯設備で使用されているバルブの健全性の診 断・検証からスタートし、21 年7月からは監視対象を空気分離装置全体へ拡張。今後は液化装置などにも範囲を拡大を予定していることから、同サービスを導入することになった。

https://www.azbil.com/jp/

NTTデータGSL

関連記事

お知らせ

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

ページ上部へ戻る