Check !!

データ・デザイン、3D積層造形向け設計/解析ソフトウェア「NETFABB 2019」リリース

〜軽量化を実現するラティス化機能とクラウドベース・シミュレーション機能を大幅に強化〜

データ・デザイン(愛知県名古屋市)は、3D積層造形向け設計/解析ソフトウェア「AUTODESK NETFABB」の最新バージョンV2019.0を9月3日(月)に正式リリース、出荷を開始いたしました。

今回のバージョンアップでは、軽量化を実現するために必要とされるラティス化機能や、金属積層造形で課題となる3D積層造形シミュレーション機能が強化され、操作性の向上を目的としたマシン・ワークスペース機能の追加、また新たにDMGMORI社/Formlabs社の3D積層造形装置への対応が実現しました。

ラティス化機能とシミュレーション機能の一部はPREMIUM版にも搭載され、用途や目的に応じてSTANDARD版/PREMIUM版/ULTIMATE版、さらにクラウドベースとローカルベースのSIMULATION版を使い分けて運用していくことも可能となりました。

さらにインタフェースの強化や演算処理の高速化なども実現し、コストパフォーマンスに優れた3D積層造形向け設計/解析ソフトウェアとして3D積層プロセスの効率化を支援します。

 

V2019の主な新機能/強化機能

・シミュレーション強化
 ―クラウドベースのシミュレーション
 ―ユーザーインタフェースの強化
・PREMIUM版の機能強化
 ―マニュアル・ラティス化機能
 ―クラウドシミュレーションへの接続
・生産性の向上
 ―サポート付加機能の強化
 ―サポート修正機能の強化
 ―ワークスペース機能の追加
・新たな3D積層造形装置との連携
 ―DMGMORI/Lasertec30SLM
 ―Fromlabs/Form2
・β版:DED対応シミュレーション など

 

価格(税抜き)
STANDARD版|¥34,000-/年
PREMIUM版|¥626,000-/年
ULTIMATE版|¥1,957,000-/年
※オプション/マルチユーザーライセンスについては別途お問い合わせください

詳細:「NETFABB 2019」 特設ページ
参考:データ・デザイン

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG