見える化 の検索結果

富士通研究所 業界業種を超え「履歴」見える化

提供元から現在までの生産・加工を追跡 現段階で言われているIoTは、装置に取り付けたセンサからのデータを吸い上げ、自社で分析し活用するレベル。または装置メーカーがユーザーに販売した装置をサポートするためにデータを集めて遠隔監視をする程度。データを誰が、どこから、どのように集めたかが分かる範囲で使っている。 しかし今後、データそのものが市場で流通するようになると、データの出どころや取り扱い履歴の把握が難しくなり、データのトレーサビリティが重要になるが、その仕組みや技術は整っていない。それに対し富士通研究所は、企業をまたがってデータが流通する時代にデータのトレーサビリティを実現してデータ信頼性を確…


OKI 工場でのIoT活用セミナー 可視化、見える化45人超参加

OKIは9月21日、東京・有楽町の東京国際フォーラムで、製造業の現場向けセミナー「OKI Style セミナー2018 コネクテッド・インダストリーズで実現するモノづくり改革」を開催。メーカーの生産技術を中心に45人が参加した。 同社は現在、日本全国にある製造現場で効果が上がっている現場効率化のためのツールや手法などを「IoT活用工場ソリューション」として外部への販売に力を入れている。今回はその一環として、同社のスマート化の取り組みや具体的なサービスを紹介した。 まず可視化、見える化からスタートし、光ファイバーを使った温度・ひずみセンシング、プロジェクションマッピングで作業棚に動画やテキスト等…


オムロン 現場データ活用サービス、課題の見える化・分析

真因特定から革新まで支援 オムロンは、現場データ活用サービス「i-BELT」の第2弾として、「現場課題の見える化・分析サービス」を10月から開始する。 製造業において、データの収集や、装置単体の課題解決にデータを活用する取り組みは進みつつあるが、工場全体の課題解決のためには、現場のデータと工場の稼働、品質状況に関わる指標を関連付けて見える化し、分析する人材の確保が必要など、多くの障壁が存在している。 新サービスは、現場のデータをさまざまな形で収集できる多数のFA機器をもとに、同社のエンジニアが課題の見える化から真因の特定、現場の革新まで、一貫して提案・支援するサービス。   オムロン…


東京エレクトロンデバイス 初心者でも簡単見える化、システム構築キット実現

東京エレクトロンデバイスは、IoTセンサー情報の見える化を数分で実現できるキット「Azure IoT ノンプログラミングキット with SORACOM」の販売を開始している。 同キットは、マルチセンサータグ、IoTゲートウェイ、SORACOM Beam、Microsoft AzureのIoT Hub、Time Series Insightsを利用して、IoTシステムの初心者でもシステム構築ができるセット。 同梱のSORACOM Air SIMはユーザー登録するだけで、すぐにセンサー情報の送信が可能。簡単な構築手順書や、Azure利用料金4万円分(もしくは利用開始から2カ月分までのどちらか短い…


村田製作所、IoT技術を活用して工場設備の非稼動要因を見える化する生産性向上ソリューション「m-FLIP」を9月1日から販売

村田製作所(京都府長岡京市)は、工場の生産現場における設備の非稼動要因を見える化し生産性を最大化するソリューション「m-FLIP(エム・フリップ)*」を2018年9月1日から販売します。 また、当社は7月18日(水)~20日(金)に東京ビッグサイトで開催される「プラントメンテナンスショー」に本ソリューションを出展します。   m-FLIPは、工場内の設備稼動データを収集し、設備の非稼動要因を見える化するソリューションです。その原型となるソフトウェアは村田製作所内で開発され、10年以上の利用実績があります。現在では、海外工場を含む20以上の自社生産拠点で利用されています。 労働人口が減…


西菱電機 IoTスターターキット 現場を「見える化」

西菱電機(大阪市北区)は、「Seiryo Business Platform(SBP)」のIoTサービスの第一弾として、「IoTスターターキット」の提供を7月2日から開始した。 新サービスは、同社がICTソリューション企業としてこれまで培ってきた情報通信システム事業と情報通信端末事業での知見を生かし開発。「IoTスターターキット」は、センサーブロック6種類セット(温湿度、照度、加速度、反射、距離、電流)、スマホゲートウェイ、1年間のダッシュボードの利用で、料金は年9万円となっている。 「IoTダッシュボード」は、すべてのIoTデバイスのハブとなり、さまざまなものを「見える化」。同社が2017年…


オムロン 無線スイッチ 利便さ、信頼性を兼備 通信状態も「見える化」

オムロンは、作業環境を考慮した無線信頼性と使いやすさを兼備した、配線レス・電池レス・受信確認LED付スイッチ「A2W」を発売した。 新製品は、トランジスタ出力最大8点まで接続が可能。親機のエラー出力で故障、ノイズによる無線障害を、子機の受信確認LEDで無線通信状態を詳細まで「見える化」する。 回折性が高く障害物の影響を受けにくいサブGHz帯を採用。障害物がなければ約100メートル、障害物があっても約30メートル~50メートルの伝送が可能となっている。押す力で自己発電できるため、面倒な電池管理が不要。また、押しやすさを追求した形状で、操作力低減と送信を実感できるクリック感を両立しているうえ、IP…


CC-Link協会「装置用CSP+」コンパニオン仕様書公開 情報共有化、見える化実現

CC-Link協会は、多種多様な機器を共通のインターフェースで扱う仕組みの実現手段として、必要な情報を共通フォーマットで記述した言語仕様である従来のCSP+(Control&Communication System Profile)を活用し、さまざまな装置の情報の共通化や見える化を実現する「装置用CSP+」を発表した。 また、OPC Foundationの協力のもと、OPC UAと装置用CSP+のコンパニオン仕様書を11月28日から公開した。 https://opcfoundation.org/developer-tools/specifications-unified-architectur…


「第9回生産システム見える化展」2017年 7月19日~21日 東京ビッグサイト

ものづくり 品質 コスト 納期 革新・改善実現へ一手 人・モノ・設備・情報の見える化を支援する専門展示会「第9回生産システム見える化展」(主催=日本能率協会)が、7月19日~21日の3日間、東京ビッグサイト東ホールで開催される。開場時間は午前10時~午後5時、入場料3000円(招待状持参者、Webでの事前登録者は無料)。また、8つの専門展示会と特別企画で構成される「メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2017」や、「猛暑対策展」「気象・環境テクノロジー展」「文教と公共の施設フェア」なども併催される。同時開催展を合わせて国内外から約700社が出展し、3日間で約3万2000人の来場が見込まれる、…


FAプロダクツ 工場見える化パッケージ 大規模システムにも展開可能

スマートファクトリー構築を支援するFAプロダクツは、ロボコムと共同で第28回設計・製造ソリューション展(DMS)に出展、「工場見える化パッケージ」と「生産シミュレーター」を紹介する(小間36-34)。 「工場見える化パッケージ」は「表示機能付IoTサーバー(HMI:稼働監視用)」「Excelアドインソフト(帳票作成用)」、既存設備への組み込みを実現する「稼働監視ソフト」がセットになったパッケージ。 国内外250種類以上のPLCに対応、接点信号も取り込むことができ、Excelを活用した帳票作成、日報作成の自動作成にも対応している。導入価格は1セット50万円~と低コスト。Industry4.0で標…