見える化 の検索結果

日立ソリューションズ 物流の入出荷効率化、コードを一括読取 ARで“見える化”

日立ソリューションズは、新常態(ニューノーマル)により、物品の取扱量が増大する物流業での倉庫への入荷からピッキング、出荷までの業務を効率化できるソリューションを、12月2日から販売開始した。 同ソリューションは、複数のバーコードやQRコードを一括で読み取り、AR(拡張現実)技術で業務システムの情報とリアル空間を組み合わせる「Scandit Barcode Scanner SDK(ソフトウエア開発キット)」を活用し、作業の効率化を実現する。 スマートフォンやタブレット端末などのスマートデバイスと、そのカメラを活用し、モバイル・コンピュータビジョン技術によって暗い場所や離れた場所でも複数のバーコー…


グローセル 半導体ひずみセンサーモジュール、微小ひずみをリアルタイムで見える化

外からの力によってワークがどれだけ変形したかの目安となる「ひずみ」。自動車や航空機などの輸送機器、ビルや橋といった建築物の強度の検査等でひずみ量の計測が使われているが、これまでの計測装置は大型になりがちで、機器に組み込んでの常時計測には難しかった。 グローセルは、ひずみ検出と回路を1チップに集約し、モジュール化した半導体ひずみセンサーモジュール「STREAL(ストリアル)」を開発。機器や装置に組み込めるIoTセンサーとして注目を集めている。   ひずみ+リアルで新たな価値を創造 同製品は、1μεの高精度で物体のひずみを計測でき、小型で機器組み込みに適した半導体センサーモジュール。 も…


ワゴジャパン スイッチング電源に通信機能を内蔵、設備・機器「見える化」実現

ワゴジャパン(東京都江東区)は、通信オプションを装着することで「見える化」に対応可能な高性能・多機能を実現できるスイッチング電源「WAGO Pro2」の販売を開始した。WAGO Pro2は、IO-Link、MODBUSなどのネットワークに合わせて通信モジュールを選択できることで、データのモニタリングと制御が可能になり、設備や機器のIoT化をサポートし「見える化」に貢献する。 変換効率も最大96%と世界最高クラスを実現しており、エネルギーコストと部品コストの節約につながる。 また、電子式CP(サーキットプロテクタ)を内蔵しており、モータ起動時など一時的に大電流が必要とされる場合に、定格出力電流の…


グローセル、半導体ひずみセンサー「STREAL」 微小なひずみをリアルタイム見える化

 外からの力によってワークがどれだけ変形したかの目安となる「ひずみ」。自動車や航空機などの輸送機器、ビルや橋といった建築物の強度の検査等でひずみ量の計測が使われているが、これまでの計測装置は大型になりがちで、機器に組み込んでの常時計測には難しかった。グローセルは、ひずみ検出と回路を1チップに集約し、モジュール化した半導体ひずみセンサーモジュール「STREAL(ストリアル)」を開発。機器や装置に組み込めるIoTセンサーとして注目を集めている。 ひずみ+リアルで新たな価値を創造  同製品は、1μεの高精度で物体のひずみを計測でき、小型で機器組み込みに適した半導体センサーモジュール。もともと2003…


チノー 同社機器やPLCイーサーで接続 Webレコーダ、現場をネットで見える化

チノーは、同社機器やPLCをEthernetで接続し、現場の見える化ができる「Webレコーダ SC5000」を10月25日に発売した。 新製品は、ネットワーク機能を強化したモジュール形のレコーダで、シリアル通信やEthernetで下位接続した同社製機器やPLCから、生産現場の測定データや設備状況を収集、集約、記録し、Ethernetで上位接続したPCやサーバにデータを転送することができる。異常時のメール通報や、遠隔地でもWebレコーダ内部の記録データの閲覧、記録の開始/停止など、各種設定が行える。 内部メモリーやPC、サーバに蓄積したデータは品質保証のバックデータとなるため、不良品発生時にはデ…


日立ソリューションズ・テクノロジー 現場の見える化実現、組立加工ライン向けMESソリューション

日立ソリューションズ・テクノロジー(東京都立川市)は、製造現場のデータを効率よく収集、電子化し、現場の見える化とトレーサビリティを実現する組立加工ライン向けMESソリューション「VCIM-PA」を、10月1日から提供開始する。 新製品は、データ入力と収集を簡素化する機能を追加しており、作業者の負担を軽減し、組立加工ラインにおける工程の状態把握、作業者への指示などを自動化したい中小規模工場に適したMESソリューション。 製造実績情報や製品トレーサビリティを収集する際、作業者による手入力が基本となり、記入ミスや集計に時間がかかるなどの課題があるが、新製品は音声、CSVファイル、PLCから効率よく収…


竹中電子工業 IO-Link対応センサ、簡単設置センサ情報「見える化」

竹中電子工業(京都市山科区)は、現場での可視化、センサ情報の見える化が行えるIO-Linkデジタル2画面表示ファイバセンサ「F85RN-ILP」を6月から発売した。 新製品は、ファイバセンサF85RNシリーズにIO-Link機能を追加しており、センサ全機能の設定や調整変更が、パソコンやPLCなどから遠隔で行える。初期導入時や再調整での立ち上げがスピーディーで、センサ交換を行うだけでメンテナンスが不要、パラメータの設定を引き継ぐためマニュアルや特別な知識も必要ない。 また、センサの誤接続や誤配線を検知し、検出面の汚れなどが要因で起こる不安定動作を知らせ、誤動作を未然に防ぐことも可能。ワークの状態…


ジェイテクト、人や組織の能力を見える化するIoEソリューションを開発、販売開始

人と組織の能力の見える化アプリ「スキルアップNAVI」シリーズ ジェイテクトは、「人と設備が協調し、人の知恵が働く、人が主役のスマートファクトリー」を実現する「つながる」「見える化」「バリュー」「チェーン」の4つの導入ステップと、IoE(Internet of Everything)ソリューションを提案しています。 この度、生産情報、改善情報を活用し、組織や人の成長を生み出す「スキルアップNAVI」シリーズを11月1日より販売開始し、東京ビッグサイトで開催される日本国際工作機械見本市(JIMTOF2018)に出展いたします。   開発の概要 製造現場における「生き生きとした職場づくり…


富士通研究所 業界業種を超え「履歴」見える化

提供元から現在までの生産・加工を追跡 現段階で言われているIoTは、装置に取り付けたセンサからのデータを吸い上げ、自社で分析し活用するレベル。または装置メーカーがユーザーに販売した装置をサポートするためにデータを集めて遠隔監視をする程度。データを誰が、どこから、どのように集めたかが分かる範囲で使っている。 しかし今後、データそのものが市場で流通するようになると、データの出どころや取り扱い履歴の把握が難しくなり、データのトレーサビリティが重要になるが、その仕組みや技術は整っていない。それに対し富士通研究所は、企業をまたがってデータが流通する時代にデータのトレーサビリティを実現してデータ信頼性を確…


OKI 工場でのIoT活用セミナー 可視化、見える化45人超参加

OKIは9月21日、東京・有楽町の東京国際フォーラムで、製造業の現場向けセミナー「OKI Style セミナー2018 コネクテッド・インダストリーズで実現するモノづくり改革」を開催。メーカーの生産技術を中心に45人が参加した。 同社は現在、日本全国にある製造現場で効果が上がっている現場効率化のためのツールや手法などを「IoT活用工場ソリューション」として外部への販売に力を入れている。今回はその一環として、同社のスマート化の取り組みや具体的なサービスを紹介した。 まず可視化、見える化からスタートし、光ファイバーを使った温度・ひずみセンシング、プロジェクションマッピングで作業棚に動画やテキスト等…