人の見える化システム運用で気を付けること キーワードは「寛容」

IoTの普及により現場の見える化や装置の稼働状況の可視化を行っている企業が増えている。大企業では実証実験から本稼働に入り、中小製造業でも様子見から検討、採用が増えてきている。その中心となっているのは主に製造装置や生産ラインといった「ものの見える化」だが、ここに来て「人の見える化」にも関心が高まっている。スマートウオッチなどウェアラブル端末のセンサーや監視カメラの映像を使い、人の作業状況や体調といった状態をデータ化して管理する。

こうした類いの製品やソリューションは以前から存在したが、ここに来て製品・サービスが増え、快適性や安全性を高めた実績例も目立ちはじめた 。

その一方で、こうした人の可視化に対して現場作業員からは「自分たちはどこまで管理されるのか」「そんなデータを取られていたらトイレにもいけない」など警戒する声も出てきている。仕事中とは言え、常に誰かに見られているのは気持ちの良いものではない。視線や管理が気になって仕事に集中できないという主張があるのも、もっともな話しだ。人の気持ちは、画一的にそう簡単に解決できるものでもない。だから難しい 。

では人の動きの可視化を成功させるためにはどうすれば良いのだろうか? 答えはひとつ。管理者が「寛容さ」をもってシステムを運用することだ。作業者は、端末を身に付けさえすれば、今までの通りの動きで良い。管理者はそれくらいの寛容さと度量をもって接っすれば作業者は安心する。データから動きを解析し、直すのはその後だ。

データさえ取れれば、あとは解析して改善策を導き出せる。その第一歩が可視化システムの位置づけだ。管理する側が気持ちよくなるのではなく、作業者側を気持ちよくし、動きを変える。作業者主体であることを忘れてはいけない。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG