新川 の検索結果

ヤマハ、新川、アピックヤマダを統合、半導体製造など一貫提供

ヤマハ発動機の産業用機械・ロボット事業と、半導体製造・電子部品実装装置メーカーの新川、電子部品組み立て装置メーカーのアピックヤマダ(長野県千曲市)の3社は、半導体後工程と電子部品実装分野での事業統合を行う。 具体的には、新川によるアピックヤマダの完全子会社化と、ヤマハによる新川の子会社化、及び新川の会社分割による共同持ち株会社への移行を進める。会社分割による共同持ち株会社への移行は2019年7月1日を予定している。 3社の事業を統合することで、半導体後工程と電子部品実装分野で、複数の製造プロセスを一括で提供できる体制が確立できることになり、日本発の新しいプロセス技術を創造・発信する企業として、…


新川 パイオニアFAを子会社化 顧客基盤など相互活用

新川は、パイオニアの子会社、パイオニアFA(埼玉県坂戸市)の全株を取得し、2018年6月1日付で子会社にする。取得価格は21億3000万円。 パイオニアFAは、パイオニア生産技術センターをルーツに、30年間に及ぶFAの経験をもとに、スマートフォンや自動車用の電子部品の実装機や検査装置、生産技術のソリューションを提供し、水晶デバイスやカメラモジュール用製造装置で市場をリードしている。 新川は、半導体製造装置の開発・製造・販売を主に、微細化・高精度化・低コスト化で多様化する半導体パッケージへの要求によりタイムリーに対応すべく、パイオニアFAが持つ高い技術力と柔軟性、生産ラインでのトータルソリューシ…


ヤマハ 中国ロボット事業、拠点を整備・拡充

ヤマハ発動機は、中国・華南における表面実装機や産業用ロボットの販売を行うYamaha Motor IM(Suzhou)深センの事務所を龍華地区へ移転するとともに、同事務所内にショールームを新設する。 新ショールームでは、ユーザーの要望に合わせた商品説明やアドバイスを行うほか、新規・既存ユーザー双方に向けたセミナーやトレーニングの実施を予定。現地特約店のサービスや営業スキルを強化し、より強固なサービスを生み出す循環創出を狙う。 また、2019年7月に発足したYamaha Motor Robotics Holdings(YMRH)の事業会社である新川、アピックヤマダ、PFAの現地事務所として集約し…


速報取材レポート「第34回 ネプコン ジャパン」見どころは

2020年1月15日(水)~17日(金)の3日間、東京ビッグサイトで開催中の「第34回 ネプコン ジャパン -エレクトロニクス 開発・実装展-」。 第34回 インターネプコン ジャパン エレクトロニクス -エレクトロニクス 製造・実装展- 第34回 エレクトロテスト ジャパン -エレクトロニクス検査・試験・測定展- 第21回 半導体・センサ パッケージング技術展 (通称:ISP) 第21回 電子部品・材料 EXPO 第21回 プリント配線板 EXPO (通称:PWB) 第10回 微細加工 EXPO 第12回 LED・半導体レーザー 技術展 (通称:L-tech) これら6つの展示会で構成される…


速報取材レポート「SEMICON Japan 2018」見どころをいち早くお届け

2018年12月12日(水)~14日(金)の3日間、東京ビッグサイトで開催中の「SEMICON Japan 2018」。 半導体製造の全工程の製造技術・装置・材料をカバーする半導体製造装置・材料の展示会です。今回は国内外800社近くが出展、70,000人もの来場者数を見込んでいます(同時開催分含む)。 本ページでは速報取材レポートをお届けします。見どころや今年のトレンドをぜひご覧ください! 速報取材レポート掲載内容 ATENジャパン株式会社 離れたオフィスからリモートコンソールを介して、半導体製造装置を 管理・制御!リモートアクセスユニット『KVM over IP CN8000A』 コネクテッ…


ロックウェル 東京にショールームオープン、動的環境で次世代製品展示

ロックウェル・オートメーション ジャパン(東京都中央区)は、本社営業部内にショールーム「カスタマ・エクスペリエンス・センター」を10月17日からオープンした。 同社としては初めてになるショールームは、「動的環境で、次世代製品、ソリューションの見学をしてもらう」ことを狙いに、同社の分析診断システム、生産管理/制御/監視システム、リニア輸送システム、高度サーボドライブシステム、インテリジェントドライブシステム、機械/プロセス安全システム、広域分野を網羅する電気制御機器、分散型アーキテクチャ、ネットワークセキュリティなどを展示。 目的やニーズに合わせて、次世代設備/機器開発の検討、IoT/IIoTソ…


「第9回生産システム見える化展」2017年 7月19日~21日 東京ビッグサイト

ものづくり 品質 コスト 納期 革新・改善実現へ一手 人・モノ・設備・情報の見える化を支援する専門展示会「第9回生産システム見える化展」(主催=日本能率協会)が、7月19日~21日の3日間、東京ビッグサイト東ホールで開催される。開場時間は午前10時~午後5時、入場料3000円(招待状持参者、Webでの事前登録者は無料)。また、8つの専門展示会と特別企画で構成される「メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2017」や、「猛暑対策展」「気象・環境テクノロジー展」「文教と公共の施設フェア」なども併催される。同時開催展を合わせて国内外から約700社が出展し、3日間で約3万2000人の来場が見込まれる、…


人事異動

明治電機工業(6月開催の株主総会) ▽代表取締役専務(取締役)企画管理本部長舟橋範▽退任(代表取締役専務)吉田年章 サンワテクノス(4月1日付) 【組織改革】 ▽営業本部のFAシステム営業統括部・メカトロニクス営業部・機械システム営業部・産業ソリューション統括部・設備ソリューション部・広域ソリューション部・バイオメディカル推進室を廃止し、FAシステム営業部・産業ソリューション部を設置▽電子営業部横浜営業所を横浜支店に昇格▽名古屋支店を名古屋支社に昇格し、第一営業部・第二営業部・内勤営業部・管理部を設置 本多通信工業(4月1日付) ▽事業部門統括担当、業務用コネクタ事業部長兼務を解く 常務取締役…



日本電算設備仏ソ社の小型・高性能UPS国内独占販売開始

日本電算設備(東京都中央区新川1―22―11、GEL03―5542―0267、星季一郎社長)は、フランスの大手UPS(無停電電源装置)メーカー、ソコメック社の小型・高性能なUPS「MASTERYS BC―L」=写真=の国内独占販売を今月から開始した。定格電圧は、「208―220―230―240V」と「460―480V」の2モデルで、各モデルの出力容量が10kVA・15kVA・20kVA・30kVA・40kVAの5機種。価格はオープン。金融・医療・研究・教育機関をはじめ製造業やサービス業、通信キャリアなど、さまざまな業種への導入を目指し、初年度約4億円の売り上げを見込んでいる。 発売開始する「B…