ロックウェル、日本のDX加速をテーマに9月13日からオンラインイベント開催

ロックウェルオートメーションジャパンは、9⽉13⽇〜10⽉8⽇にかけて、DX実現に向けたオンラインイベント「ROKLiveJapan2021」を開催する。テーマは「⽇本でDX(デジタルトランスフォーメーション)を加速させるには…︖」で、日本の製造業DXが置かれている状況と見通し、世界のDX成功事例等を紹介する。参加は無料。

https://www.rockwellautomation.com/ja-jp/company/events/in-person-events/roklive-japan-2021.html


以下はロックウェルオートメーション発表資料より

ロックウェル オートメーション ジャパン、バーチャルカスタマーイベント「ROKLive Japan 2021」を開催

産業⽤オートメーションとデジタルトランスフォーメーションを提供するロックウェル・オートメーション(NYSE:ROK、本社︓⽶国ウィスコンシン州ミルウォーキー)の⽇本法⼈であるロックウェル オートメーションジャパン株式会社(東京都中央区新川、代表取締役社⻑︓⽮⽥ 智⺒)は、DX(デジタルトランスフォーメーション)に向けた課題抽出とその対処法をテーマに、バーチャルカスタマーイベント「ROKLive Japan2021」を昨年に引き続き開催することを発表しました。

ロックウェル オートメーション ジャパンは、昨年のコロナ禍の中、「製造現場にもテレワークを︕」をテーマに製造業におけるリモートワークをサポートするソリューションを紹介するバーチャルカスタマーイベントを開催しました。

今年は、製造業のデジタル化を中⼼にご紹介します。現在もコロナ禍が続く中、製造業におけるモノづくりのデジタル化はもはや避けて通れなくなっており、デジタル化を実現させるには、局所的なデジタル技術の導⼊ではなくモノづくりの根本からの変⾰、すなわち「トランスフォーメーション」が必要になっています。

今年は、初⽇に「⽇本で DX を加速させるには…︖」をテーマにオンラインライブ講演を開催します。特設サイトでは、DXに向けた課題抽出とその対処法および、企業がデジタル変⾰を起こすために必要な課題の抽出からその実践に到るまでの国内・海外の事例を期間限定で公開します。

「ROKLive Japan 2021」の概要

■主催︓ロックウェル オートメーション ジャパン株式会社
■開催期間︓2021 年 9 ⽉ 13 ⽇(⽉)9 時〜10 ⽉ 8 ⽇(⾦)18 時まで
■参加費︓無料(事前登録制)
■URL:https://www.rockwellautomation.com/ja-jp/company/events/in-personevents/roklive-japan-2021.html
■オンラインライブ講演︓9 ⽉ 13 ⽇(⽉)9 時〜11 時(事前登録制)

総合テーマ︓「⽇本で DX(デジタルトランスフォーメーション)を加速させるには…︖」

■講演(1)「我が国製造業の DX について〜2021 年版ものづくり⽩書からのメッセージ〜」

講演者︓経済産業省 製造産業局 ものづくり政策審議室 調査員 簗瀬 創⼀⽒

■講演(2)「DX 活動に向けた現状と課題」

講演者︓株式会社⽇本政策投資銀⾏ 産業調査部 ⻘⽊ 崇⽒ / 佐無⽥ 啓⽒

■講演(3)海外における DX 成功事例、Q&A

講演者︓ロックウェル・オートメーション ジョーダン・レイノルズ

■パネルディスカッション(対談)テーマ︓DX に向けた課題抽出とその対処法について

株式会社野村総合研究所 主席研究員 藤野 直明⽒
ロックウェル オートメーション ジャパン株式会社 代表取締役社⻑ ⽮⽥ 智⺒

現在、お客様が抱える課題を 7 つの領域にフォーカスし、その課題に対してどのようなテクノロジソリューションが有効なのか、具体事例も交えながら紹介

  1. カーボンニュートラル︓カーボンフリー社会を⽬指した電⼒消費監視
  2. コンサルテーションサービス︓ライフサイクルサービスの新たな可能性
  3. スループットの最適化︓リニア搬送システムを導⼊した⼯場の次の展開
  4. デジタルアプリケーション︓OEE (総合設備効率)管理からの DX
  5. ネットワークセキュリティ&リモートサポート
  6. ⽣産効率の向上︓MES (製造実⾏システム)
  7. 物流の最適化︓完全⾃動化ラインを実現する IoT ソリューション

https://www.rockwellautomation.com/ja-jp.html

関連記事

お知らせ

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る