ヤマハ 中国ロボット事業、拠点を整備・拡充

2020年5月20日

ヤマハ発動機は、中国・華南における表面実装機や産業用ロボットの販売を行うYamaha Motor IM(Suzhou)深センの事務所を龍華地区へ移転するとともに、同事務所内にショールームを新設する。

新ショールームでは、ユーザーの要望に合わせた商品説明やアドバイスを行うほか、新規・既存ユーザー双方に向けたセミナーやトレーニングの実施を予定。現地特約店のサービスや営業スキルを強化し、より強固なサービスを生み出す循環創出を狙う。

また、2019年7月に発足したYamaha Motor Robotics Holdings(YMRH)の事業会社である新川、アピックヤマダ、PFAの現地事務所として集約し、YMRHとの相乗効果を加速していく。

華南地域では、スマートフォン・5G関連の大手民生メーカーやその部品メーカー、また、産業系メーカー、自動車メーカー、EMSからの底堅い設備需要があり、今回の体制強化は、YMRHの得意とする半導体後工程を含めた高度なトータルソリューションを、いち早く提供可能とする体制を構築する。

20年7月末までにオープニングセレモニーを開催予定。

中国(深セン)新拠点

新ショールーム